カーリースとは

カーリース(オートリース)はレンタカーのように不特定多数のユーザーに貸し出すわけではなく、長期契約により一定の期間貸し渡す。登録番号の平仮名も「わ」や「れ」ではなく、普通の自家用車と区別していない。

リース会社の資金で自動車を調達するため、車検証上の「所有者」および所有権はそのリース会社となり、「使用者」は借受人(契約者)名義となる。「使用の本拠の位置」は契約者の所在地となる。

個人向けカーリース

自動車の購入には一時的に高額の資金が必要になりますが、リースの場合毎月のリース料の支払のみで自動車を入手することが出来ます。

オートリースは、
・契約期間満了時の自動車の期待中古価格(残価)を、あらかじめ差し引いた価格設定
・リース会社が大量に購入することによって車両本体を割安に入手している
・車両代金の他にかかる登録諸費用や税金・保険料がリース料に含まれている
などの特徴があり一時的な費用負担が少なく済む方法といえます。

つまり、自動車購入時に頭金などまとまった資金・頭金を用意しなくてもよく、常に最新の自動車に乗っていたい志向には適しています。

しかし荒っぽく乗って想定以上に自動車を傷めてしまった時にはリース期間終了時の残価が予定額を割り込むことがあり、その場合は差額を一時に支払う必要があるので注意が必要です。

カーリース情報サイト

Theカーリースライフサイクル、ニーズに合わせて新車に乗れる。3~5年の契約期間を選んでムダなく乗る 合理的なカーライフプランです。

コメントは受け付けていません。