カーシェアリングな生活

このご時世、車を持つのが大変だ。
ガソリン代に振り回され、駐車場代は高い、保険、維持費などを考えると、果たしてそこまで投資し、保有する意味があるのだろうか?車好きならともかく、日常で使用するだけの人や車以外に必要なもの、リスクを考え人それぞれ投資先も様々だろう。車の所有も変革の時が来たのである。ではどうしたら車との関係を作っていくのか?首都圏でのカーライフのあり方が変わってきている。

中でも顕著なのが、各レンタカー会社が提供するカーシェアリングである。

ある程度認識されつつあるカーシェアだが、その利用方法は実に簡単だ。レンタカー会社のカウンターで登録、その場でもらえるICカードを車の窓にある端末にタッチするだけでドアが開く。15分単位での料金もしくはパック料金を選び、あとはキーを回すだけだ。(利用の際の事前予約は必要。面倒なら電話でもOK、料金には通常距離料金がかかるが、利用各社によって形態が異なる)

レンタカーを利用する際に面倒な受付やら、説明などの無駄な時間が省ける。使いたい時に使いたい時間だけ予約すればいい。レンタカーのように使わない時間まで料金を取られてしまうのはもったいない。

 車の置いてある場所がまたいい。家の近くのコインパーキング、最近ではマンションの駐車場にカーシェアリングがあるのだ。ご自宅の近所を是非探してみてほしい。意外と身近にあるため慣れれば自分の車のように使うことができる。

 例えば、いざ車に乗ろうとしたときに車が汚かったりする。その場合、備え付けの提携クレジットカードを使い指定のガススタンドで洗車がOKなのだ。車を持たなかった人が洗車をする。タイヤをブラシで洗ったり、ピカピカになった車を見て、また乗ろうと思うはずだ。これはこれで車に愛着も沸いてこよう。レンタカーにはないメリットがもうひとつ。満タン返しする必要がない。減っていたらこれも車にあるカードで給油できる。自分がお金を出すことはないのだ。確かに時間はかかるが洗車や給油を行ったことをコールセンターに伝えれば、15分間分利用料金から割り引いてくれるシステムだ。(ただし料金パック利用時は適用されない)

では車種はどうだろう?
街乗りに十分なヴィッツやデミオ、現行プリウス、エコカーやEV(電気自動車)も完備され充実しているが、車好きな人にも対応している。
 タイムズプラスが運営するカーシェアではBMW116i、mini、miniクロスオーバー、VWポロ、ゴルフ、HONDAならCR-Zなどがラインナップされ、車好きを迷わせる。荷物が多いならフィットシャトルもある。まさに至れり尽くせりだ。競合であるオリックスカーシェアでは、FIATの500が乗れ、話題の日産の電気自動車リーフ、三菱のimievの貸し出しもある。(電気自動車はガソリン車とはちがうので走行可能距離と、充電施設の確認が必須だ。エアコンや雨の日のワイパー使用等で消費される電力が変わり、走行可能距離が縮むため)

 毎日の気分、あるいはちょっと走りを楽しみたい時、選べる種類が充実しているのはもう当たり前の日常になったのだ。走りを選ぶなら116i、CR-Z、FIAT500などはいかがだろう?コンパクトカークラスでは味わえない充実感がある。116iなら小型FR(後輪駆動)の良さ、欧州車の特徴である静粛性など国産車では味わえない。VWポロは1.2リットルの小さなエンジンで2リッタークラス程の加速力を持ち、これまたアウトバーンの国で生まれただけのことはある。静かさはぜひ味わっていただきたいものだ。

FIAT500は小ささを活かし、イタリアのパンチの効いた走りを楽しめる。ATモードもいいが5速シーケンシャルトランスミッションを装備しているので乗ったときはこちらも試してほしい。マニュアル車さながらの走りを楽しめる。自動開閉のサンルーフも付いているから爽快感はさらにアップする。HONDAのCR-Zは世界初のハイブリッドスポーツカー。まずはコンセプトカーさながらのそのデザインを楽しむ。定重心の車体はエンジンの駆動にモーターの出力補助が付き、独特の加速感を味わえることだろう。

荷物が多いなら、最近出たばかりのフィットシャトルもラインナップされている。ウレタンを充填したサスペンションはまろやかで静かなのり味だ。このように一通り車雑誌に載っている車が用意されている。またminiのクロスオーバーもある。どのレンタカー会社も導入していないため、乗っただけで自慢もできる。

 万一事故の時、保険は?と心配する方もいらっしゃるだろう。保険はレンタカーと同じく適用される。ただし、ノンオペレーションチャージ等がレンタカーとは違うので入会する際は最初にしっかりと確認してもらいたい。

 日頃ミニバンで我慢しているお父さん方、買い物でコンパクトカーしか乗らない奥さん方が必要な時間だけ羽を伸ばせ、手軽に乗りたい車に乗れる。ここまで読んだ方はもう希望車の運転席を想像しているかもしれない。家族や恋人もよろこんでくれる。カーシェアリングはかなり進化しているのだ。これほどワクワクする新しい車の所有形態は他にない。

タイムズプラスのカーシェアリング
三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェアリング大手のZipcar、Facebook版でもアプリケーションを提供開始
カーシェアリングサービスを提供するRelayRides、GMと組んでより効率的なサービスを提供へ
カーシェアリングが地球環境を救うことが判明 ≪ WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

コメントは受け付けていません。