新車を値引きしてもらうのに特別な知識は必要ない

ディーラーで値引き交渉する際に最も必要なものは何か?

それは競合車の見積書です。

新車のディーラーで商談を始めると担当者によってはいろんな専門用語を使ったりデータを提示したりして「プロ」であることを示し精神的優位に立とうとします。

素人である購入者はこの時点で相手に呑まれてしまって「この担当者ならプロだから価格も任せて大丈夫だろう」と思ってしまいがちです。また専門家を相手に知識やデータで対抗するのは難しいでしょうし、それは相手の土俵に乗ってしまうことになりかねません。

そこで大きな武器になるのが競合車種の見積書です。

ディーラーの担当者が知識の豊富さを武器にする人であろうと人柄で勝負するタイプの人であろうと、競合車種の見積書を持った客を甘く見ることはありません。

そう、競合車種の見積書を持っていること自体が「ちゃんと下調べしているよ」という合図になるわけです。

多くの人にとって新車の購入というのは特別な出来事でしょう。その度に専門的な情報を勉強して値引き交渉に臨むのはまず無理です。

しかし、競合車の見積書を取得するのは簡単です。
ディーラーに行って見積書を書いてもらえば良いだけです。
いや、最近はネットの見積もりサービスを使えばディーラーに足を運ぶ必要さえありません。

新車の購入を考えているのであればまずは競合車種の見積書を取得してはいかがでしょうか。
それさえ持っていれば本命の商談を進める際に足元を見られる心配はありません。

新車の値引き目標額一覧(随時更新)

新車価格と値引きの限界

新車購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。