今更だけど自動車保険って?

 自動車保険…車に乗っている方なら誰もがご存じのことと思います。事故があった時にお金がおりてくる、というざっくりした知識の方が大半ではないでしょうか。しかし、自動車保険と一言で言っても実は様々な契約内容があるのをご存じですか?

 ここでお話する自動車保険とはいわゆる“任意保険”といわれるものです。

任意保険

 自賠責保険というのを耳にしたことがあるかと思いますが、これは全てのドライバーに対し強制的に加入が定められている保険のことです。しかし対象となるのは人身事故のみ。傷害に対しては120万が限度額となっており、手厚い補償とは言い難いのです。

 そこで多くの方が加入されるのが上乗せとしてかける“任意保険”。加入義務はありませんが、自賠責保険だけでは補いきれない部分を手厚く保証してくれます。

 さて、任意保険にはどの様な種類のものがあるのでしょう。

 まずは“対人賠償保険”です。事故で相手に怪我をさせた、或いは死亡させてしまった場合、自賠責保険を超える分の保険金が支払われます。注意すべきは、対象となる対人は他人である場合ということ。親や配偶者、子供など経済的に生活を共にしている人間に対しては支払対象外になるようです。

 次に“対物賠償保険”。対物賠償とは他人の財産等に損害を負わせた場合に保険金が支払われます。対人賠償だけでは“物”に対しての支払がありませんので、通常合わせて入るのが一般的でしょう。

 その他にも様々な保険があります。

車両保険

 “車両保険”とは、保険契約車が偶然の事故により損害を受けた場合に保険金の支払いを受けられる保険で、その車両保険の中でも保証範囲によって少しずつ内容が異なります。例えば他車との接触での損害のみ補償というものから、単独事故や当て逃げなど、幅広くカバーしてくれるものもあります。無論、範囲が広くなれば保険料も高くなります。

無保険車傷害保険

 また“無保険車傷害保険”というのは、事故の相手が無保険車で十分に補償が受けられない場合、保険金が支払われるというもの。たとえば、任意保険の対人賠償に加入してない車や条件違反による事故の為に保険金がおりない場合にも適用されます。

自損事故保険

 対人賠償に自動的に付帯されるのが“自損事故保険”です。相手に過失がない、単独事故などのケースで運転手が怪我或いは死亡してしまった場合に支払われる保険です。自らの責任で起こした事故に対しての自分の補償は自賠責や対人賠償の適用にはなりません。

 上記の他にもいくつか種類がある任意保険ですが、今はこれらの保険を様々に組み合わせたセットでの商品が多く、保険会社によっては、自分で必要な保険を選んで組み合わせるタイプの物もあるようです。

特約

 この様な主な保険の他に、“特約”というものがあるのはご存知でしょうか。実は入っているのに知らない、よく分からないという方もいるかと思います。
 例えば“家族限定特約”。保険対象車を運転するのは家族のみという方は少なくないでしょう。そこでこの特約に入っておけば、保険料の割引を受けられるというもの。ただし、家族限定ということですので、家族以外の方が運転していて起こした事故については保険金が支払われなくなります。

ファミリーバイク特約

 “ファミリーバイク特約”は、契約車又は同居の家族がバイク(125cc以下)を運転していて起こした事故について、加入している自動車保険の対人・対物賠償保険等の保険から補償を受けることができます。ここでいうバイクは、借りた物でも対像になります。

示談交渉サービス

 その他にも特約とは別に“示談交渉サービス”というものがついている保険もあります。保険会社が自分の代わりに事故の相手と話をしてくれて、過失割合や保険金の支払いなどの相談をしてくれます。なんらかの保険に付帯している場合が多いようですが、全ての事故、保険でこのサービスを受けられるとは限りませんので注意しましょう。示談についてはやはり不安である、自身がないと思う方も多いでしょうから、いざという時に相談し易く、信頼できる保険会社や代理店に加入の依頼をすることから始めるのが良いかもしれません。

等級

 それから保険料を決めるのに重要なのが“等級”です。これにより保険料の割引率が決まります。等級は1~20等級まであり、数字が大きくなるにつれ割引率も高くなります。新たに保険を契約すると6等級から始まり、1年間保険を使用する事がなければ次の年から等級が1ずつ上がり、その都度保険料が安くなるという仕組みになっています。

 しかし事故を起こし保険を使用すると1回の事故につき等級が3下がり、割引率も低くなります。ので、当然保険料も上がってしまいます。ただし事故の種類や特約により据え置きになる場合があるので確認しておきたい所です。簡単な話、保険を使用する様な事故をしなければ毎年等級は上がり保険料は安くなる、逆に事故をして補償を受ける場合は等級が下がり負担も増えてしまう。いかに無事故で安全運転をするかにより、保険料を安くできるのかが決まってくるのです。

 任意保険というのは今や加入が当たり前です。保険に入ることも大事ですが、自分が“どのような内容の保険に入っているか”を把握しておくことも重要ではないでしょうか。保険加入に当たっては、しっかり内容を理解し、信頼できる保険選びをするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。