自動車保険って入らなきゃだめなの?

最近自動車保険に加入しない人が増えているようですね。
自賠責はともかく、任意保険には加入していないという人が増えているようです。
「任意」ですから入らないのも自由なのですが、自動車保険は自動車オーナーにとっては義務のようなものです。
もちろん、何かトラブルがあっても全て自力で支払う事が出来る、支払う覚悟があるという人であれば良いでしょう。
ですが事故はいつ起きるか解りません。
自分自身が細心の注意を払っていたとしても不意に事故に巻き込まれてしまう事もあるのです。

また、対物や対人だけが事故ではありません。例えば高速道路を走行中にいきなりタイヤがパンクしたりバーストしたり。
あるいは脱輪してしまったりなど、自動車のトラブルはいつ起きるか解らないものなのです。
そのため、自動車保険は出来る限り加入しておくべきでしょう。
特に今の自動車保険は細分化しています。
必要最低限のサービスしか用意していない自動車保険もあれば、過剰なのでは?と思えるほど様々なサービスを用意してくれている自動車保険もあります。
「入らなきゃいけないものなの?」と思っている方もいるかもしれませんが、もしもやいざを考えたら「入っておくべきもの」と言えるでしょう。
特に大きいのがロードサービスです。

自動車は当たり前ですが歩きや自転車とは速度が違います。
自動車の有無で行動範囲は大きく変わります。
遠出出来るようになりますからね。
その遠出先でトラブルに見舞われる可能性もあるのです。
家の近場でのトラブルであればとにかく家までなんとか持って帰る、あるいは家族に来てもらうといった事も可能でしょうが、遠出先ともなるとそのような訳にはいきません。
そこで頼りになってくれるのがロードサービスです。
ロードサービスとは、簡単に言えば「派遣サービス」です。
いきなり自動車が動かなくなる事もあるでしょう。
そのような時にどうすべきか。

自動車の知識に長けていたり、あるいはトラブルを想定した装備を車内に用意している人であれば良いでしょうが、そのような人は少数派でしょう。バッテリーが上がって動かなくなってしまった…。
そのような場合、知識も装備もなければ誰かに頼るしかありませんが、では誰に頼るのかという問題になってきますよね。
その際に頼りになるのがロードサービスになります。
最近では安価な保険にもロードサービスが付与されていたりしますので、ロードサービスには入っておいた方が良いでしょうね。

自動車保険を見直そう

コメントは受け付けていません。