自動車保険の目的とは?

自動車保険が自由化されていこう保険各社が独自に商品開発を行っており特約も含めて積極的にPRを行っています。

ネットの情報なども含めて自動車保険に関する情報があふれており、保険選びが難しくなったり、また様々な商品がセットになって販売されていたりすると一般のドライバーには更にわかりにくくなてしまっているようです。

全てのリスクをカバーしてもらえるならそれに越したことはありませんが、その分保険料は高くなってしまいます。
保険料の無駄を省きたいと考えるなら、今一度「自動車保険」とは何のためにあるのか考え直してみるといいでしょう。


本来、自動車保険とは事故によって発生する損害賠償という事態を想定し、被害者救済を滞りなく行う(=加害者の金銭的リスクを担保する)ために生まれたものです。
もし交通事故を起こして他人の生命や財産に損害を与えてしまった場合加害者はそれを賠償しなければなりません。

もし死亡事故を起こし損害賠償の額が自賠責保険でまかなえる3000万円を超えた場合、それを支払うことが出来るでしょうか。
あるいは高級車との接触事故で修理代金を請求された場合それを支払えるでしょうか。
これらのリスクをカバーしてくれるのが任意保険の「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。
自動車保険に加入する際は、まずこの2つの賠償保険を優先して充実させるべきでしょう。

搭乗者保険や人身傷害保険などは賠償保険ではなく損害保険になります。
車両保険なども自分の財物に対する保険です。

最近の自動車保険商品は契約者自身に対する補償を手厚くする特約などをセットにする傾向がありますが、当然そのぶん保険料は高くなります。
従って見積りを取るときはまず他人への賠償保険を充実させた上で、保険料の支払いに余裕があるのであれば自身への損害保険などを組み合わせるのがいいでしょう。

比較見積もりで自動車保険を見直す

複数の保険会社から見積もりを取得し比較すればどの保険会社と契約すれば保険料の節約になるか一目瞭然。

自動車保険の基礎知識の解説やタイプ・種類の説明、安くする方法の紹介、お勧めタイプの判定、お勧め特約の判定など。

コメントは受け付けていません。