トッポ下取り相場とモデルチェンジ

トッポのモデルチェンジの予想

 三菱の軽自動車「トッポ」の次期モデルに関しては、このような情報があります。日産との共同出資により軽自動車専業メーカー「NMKV」を設立した三菱ですが、この会社から発表される新たなモデルの中にトッポの後継車があると言われています。正確には、日産がスズキからOEM供給を受けているモデル「ルークス」との統合がはかられ、NMKVブランドのOEM車という形で発表される見込みです。ルークス及びトッポの次期モデル車登場は2014年以降になりそうですが、どのような軽自動車になるのか今後が待ち遠しいですね。

トッポの買取相場

 軽ハイートルワゴン車であるトッポの魅力と言えば、なんといっても室内高の高さにあります。軽自動車の中でもその開放的なスペースには定評があり、小柄ながら機能性・利便性の高いモデルと言えるでしょう。軽自動車自体が人気なので高値で取引されていることもあり、特に状態の良い車両には期待がもてるでしょう。

 自動車に関する知識があまりない女性などが乗っている場合も少なくないかと思いますが、メンテナンスは行き届いているでしょうか。軽自動車の場合はこまめなオイル交換などが普通車以上の重要となってきます。思わぬ不良で査定額を損ねてしまわないよう、日頃から気をつけておきたいですね。また、一カ所だけでの査定で決して満足しないこと。もしそこだけの査定で納得の値段が出たとしても、他の業者でも査定をしてもらってください。もしかしたらその額以上の値がつくことになるかもしれません。

「S」35万円~44万円
「M」36万円~58万円
「G」37万円~59万円
「T TB」40万円~64万円
「ROADEST G」51万円~73万円
「ROADEST TB」44万円~64万円

トッポの特徴とモデルチェンジの推移

 かつて三菱が製造・販売を行なっていた軽自動車「トッポBJ」の廃止から約4年。他社製軽自動車への対抗や廃止したモデルのユーザー流失を防ぐべく登場したのが「トッポ」です。トッポの名称を受けつぎ登場した初代が現行モデルであり、これには同社「ekスポーツ」のプラットフォームやトッポBJのリア外板などが組み合わせられています。

 トッポ全体のパーツを見てもそのおよそ6割が既存の車種から流用されたものであり、これは新たに軽自動車を開発する資金余力がなかった三菱にとって大きなコストダウンをはかるための策でありました。しかしながら、ボディの板厚の向上や設計の各部見直しもなされており、安全性や静粛性などを高めた上での完成に至っています。

 そんなトッポが販売を開始したのが2008年から。エンジンには3G83型が採用されており、NA車、ターボ車双方で燃費性能の向上がはかられています。エクステリアの前後のサイドドアアウターパネル、ルーフパネル、バックドアアウターをそれぞれトッポBJから流用し、ボンネットフードとヘッドランプはekスポーツからの流用となっています。フロントフェンダーとバンパーに関してはトッポBJのそれとは大きくデザインを変更。全高ではBJよりもやや低い1680―1700mmの設計となっています。

 室内高は軽自動車トップクラスの実力を持っており、加えてガラス面の広い構造、消臭天井やUV&ヒートプロテクトガラスといった快適装備が備えられた「cocochiインテリア」と呼ばれる室内空間は居心地の良さを最大限まで追求しています。運転席限定アンロック機能付マルチモードキーレスエントリーを採用し、特に女性ユーザーにおける夜間での防犯性を強めた装備も用意されています。また、専用装備を施した特装車「ROADEST」も設定。軽自動車でROADESTシリーズのラインナップがなされたのはこれが初めてでもありました。

 その後は年次一部改良などが行なわれています。2010年には「最長10年10万km特別保証延長」の対象車種にもなっています。2012年には法規制強化へ対応すべく、ISO-FIXチャイルドシートアンカーの標準装備及びヘッドレストの大型化を実施。また、グレード体系が整理され、「ROADEST」の4WDモデルが廃止となっています。

下取り価格は調べましたか?

新車購入時は車両本体価格からの値引き額にばかり目が奪われがちですが、ディーラーとの交渉で最も重要なのは下取り価格です。
新車には希望小売価格が設定されていますから値引き額は一目瞭然ですが、下取り価格には決まった金額はありません。
車種車両によって全て違うだけに、ディーラーからの提示額が妥当かどうか判断が難しいのです。
従って下取り車の相場価格をあらかじめ下調べしておくことが大変重要なのです。

コメントは受け付けていません。