新車価格と値引きの限界

新車を購入するには生産しているメーカー系の自動車ディーラーから購入するのが一般的です。ディーラーによって扱っている車種が違う場合があるので注意が必要です。
従って、まずは欲しいと思っている車種を扱っているディーラーを調べましょう。

インターネット見積サイトを利用すると、購入を検討している車名ほか簡単な事項を入力すれば近くの取扱いディーラーから見積が送られてきますので、上記の手間を省くことが出来て便利です。

新車購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

不人気車種は値引き幅が大きい?

総支払額の抑制

新車の価格で重要なのは「支払い総額」です。支払い総額は車両本体価格のほかに様々な諸経費を加算したものです。すなわち、車両本体価格だけを見ていると値引可能な範囲も車両本体価格に限られてしまいます。

新車を安く買うためには支払い総額で見積を取り、その総額を抑制すると大きな値引きが得られます。

車両本体価格を値引してもらうのは当然ですが、支払い総額の中の様々な項目で抑制が必要です。

何よりもまず「支払い総額」で見積をとりましょう。見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。ローンでの購入を考えている場合はその利率を知ることもできます。

オプション品の値引き

見積書を利用した値引き交渉

新車の値引き交渉をする際には総支払額を重視しましょう。総支払額は車両本体価格に諸費用や保険料などの総額から下取り価格を引いたものです。他にもローンを組む場合はその金利も重要な要素です。

車両本体価格の値引き額にばかりこだわっていると「総支払額では損をしている」なんてことになりかねません。

見積書を見れば車両本体価格やその値引き額、諸経費や諸費用・納車費用などの細目が記載されています。

諸費用の中には自分自身で動くことで節約できるもの(例えば車庫証明など)もありますので、これらの子細に検討することで総支払額を抑制できるでしょう。

新車の値引き目標額一覧(随時更新)

値引きにも限界がある

新車を値引きしてもらうには自ずと限界があります。

値引き額の限界は車種や購入時期・担当セールスやディーラーの事情などによって違ってきますが、概ね車両本体価格の10%~30%程度と言われています。

新車を1台販売したときに得られるディーラーのマージンを超えた値引きをすればディーラーは赤字になりますので、マージンを超えた値引きを出来ないのは当然でしょう。

ただし、ディーラーはディーラーオプションや諸費用、自動車ローン・自動車保険などからも利益を得ていますし、リベートや報奨金のように一定水準以上の販売を達成することで得られる収益もありますので、新車を販売したマージン以上に値引きをしても利益を出せる場合もあります。

従って、ノルマ達成直前のディーラーの場合は通常以上に値引き額を大きくすることもありますし、締め切り直前のタイミングになるとその傾向がより強くなります。

新車を値引きしてもらうのに特別な知識は必要ない