今更だけどエコカーって?

 エコカーとはエコロジカル・カーの略、つまり環境への負荷が少ない自動車のことです。本来は、大気汚染の原因となる有害物質の排出が少ない自動車全般を指す言葉ですが、現在はもう少し限定された意味になっています。

 エコカーの定義が具体化されるきっかけになったのが、平成21年度税制改正です。このとき、排出ガス規制と燃費の一定基準を満たした自動車に対し、重量税、取得税の優遇措置がとられることになり、これを通称「エコカー減税」と呼ぶようになりました。そこから、「エコカー減税が受けられるクルマ=エコカー」という認識になってきたわけです。

 エコカー減税では、対象車の環境性能に応じて、重量税・取得税の減税割合が三段階に分けられています。最もハードルが低いのが50%減税。平成17年度排出ガス基準を75%以上低減し、なおかつ平成22年燃費基準+15%以上、あるいは+20%以上を達成した車種が対象となります。同様に平成17年度排出ガス基準を75%以上低減させつつ、さらに燃費向上に努め、平成22年燃費基準+25%以上を達成した車種には、75%の減税が適用されます。

 ここまでが一般的なガソリン車のエコカーレベルですが、さらにワンランク上のエコカーとして100%減税の対象車があります。こちらは排出ガスや燃費の基準ではなく、電気自動車やハイブリッドカーなどの次世代自動車、クリーンディーゼル車を対象としています。

 電気自動車やハイブリッドカーと並んで、クリーンディーゼルが100%減税の対象になっていることに少々違和感があるかも知れません。なにしろディーゼル車といえば、NOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)などの有害物質をまき散らす「悪者」として、乗用車のマーケットからはすっかり駆逐された存在だったのですから。

 しかし、エコカー減税導入の背景には、「京都議定書」による温室効果ガス削減目標達成の一助として、走行によるガソリン消費の少ない次世代自動車を普及させるという狙いがありました。CO2排出量という観点でみれば、ガソリンよりエネルギー密度の高い軽油を燃料とするディーゼル車は、実に優秀なエコカーとなります。NOx触媒やDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)などによって排ガス浄化の障害が取り除かれたことで、電気自動車やハイブリッドカー並みのエコカーとして再評価されるようになったのです。

 もっとも、エコカーとしては優秀でも、一般には普及していないのがクリーンディーゼルの現状です。国産では日産エクストレイルと三菱パジェロ、輸入車でもメルセデス・ベンツのEクラス、MLクラスと車種も少なく、エコカーの主役とはなりませんでした。

 走行中にCO2を一切排出しないことから、究極のエコカーとして期待されたのが電気自動車です。昨年は5月に三菱のi-MiEV、12月に日産リーフと、相次いで個人向け市販電気自動車が登場し、電気自動車元年とも言うべき飛躍の年となりました。航続距離の短さや充電時間の長さ、バッテリーのコスト高、充電器など周辺インフラの未整備などなど、普及に向けての障害はいくつもありましたが、量産車が登場すれば環境は激変するはず……と思われていました。

 しかし順風満帆と思われた電気自動車の普及も、3月11日の東日本大震災以降、状況が一変してしまいました。原発事故による電力供給不足、そして脱原発の風潮によって、電気自動車の存在意義が危うくなったのです。

 実際のところ、電気自動車がガソリン車よりもCO2排出量削減に有効なのは、原子力発電の比率が高いことが前提です。火力発電なら発電時に大量のCO2を発生します。一方、クリーンな太陽光発電は、日中しか発電できないので、「深夜電力の余剰分を使って充電」という発想が当てはまりません。電気自動車の普及は、被災地の復興と同様、長い時間をかけてゆっくりと進んでいくことになりそうです。

 現在、エコカーの代表格となっているのがハイブリッドカーです。エコカー減税の開始とほぼ時を同じくして、ホンダが二代目インサイトを市場に投入。減税、補助金の追い風に加えて、200万円を切る戦略的な価格設定で注目を浴びました。これを受けてトヨタも、三代目プリウスを低価格路線にシフトし、ハイブリッドカーが一気に身近な存在になりました。ミニバンスポーツカー、高級サルーンなどバリエーションも豊富で、「エコ」以外の魅力も備えてきています。

 ところで、エコカーの定義を固めたエコカー減税ですが、自動車取得税は平成24年3月31日、自動車重量税は平成24年4月30日までの登録/届出分で期間終了となります。減税という直接的なメリットはなくなりますが、ランニングコストが安いという魅力は色褪せません。また、既存のガソリン車にも、10・15モード燃費32.0km/Lという飛び抜けた低燃費で「第三のエコカー」を謳ったダイハツ・ミライースのようなモデルが登場してきており、今後もエコカーへの注目度は高まる一方です。

こんな東京見たことない! ブレードランナーな東京(動画)

コメントは受け付けていません。