日産の新車値引きと中古車価格

新車価格と値引きの限界

日産の車購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

中古車の購入価格と値引きの交渉

日産の中古車の相場を知ることは大変重要です。相場観を持たずに中古車を選ぶのは難しいでしょう。

オークションなど市場での人気度やグレードなどで価格に差がある場合もありますし、実際には数件程度のお店で数台の車両を見ただけではわかりにくいので、全国的に多くの車両を比較できる中古車検索サイトの利用をおすすめします。

SUV・クロカン

エクストレイル-新型「エクストレイル」の最大の特徴は、最新の電子制御4WDシステム「オールモード4×4-i(ヨーモーメントコントロール)」による、全天候型の走破性能である。新たに「ヒルディセントコントロール」と「ヒルスタートアシスト」の機能も加えることで、ドライバーの運転をサポートし、安心を提供する。
スカイライン クロスオーバー-クーペとSUVの融合から生まれた、流麗で躍動感のあるデザインを特徴とし、3.7リッター「VQ37VHR」エンジンとマニュアルモード付7速オートマチックトランスミッションによる意のままに反応する気持ちのよい加速など、スカイラインとしての優れた運動性能をさらに洗練させながら、高級車にふさわしい、しなやかで上質な乗り心地も実現している。
ムラーノ-初代の持つムラーノらしさを継承しつつ、さらに進化させ、圧倒的な存在感のプレミアムSUVとして開発された。 存在感のあるデザイン、新型プラットフォーム(D-プラットフォーム)の採用によるスポーティでしっかりとした走り、さらに静かで快適な乗り心地、スイートルームのようなゆったりとした上質な空間、快適性を演出する様々な装備をあわせ持っている。
デュアリス-「スマート&コンパクトクルーザー」をコンセプトに、ヨーロッパの拠点を中心に開発した新しいミドルサイズクロスオーバーSUVである。

ミニバン

エルグランド-『「夢」と「くつろぎ」と「感動」を提供できる最高級ミニバン』を商品コンセプトとし、お客様から高い評価をいただいているゆとりの室内空間、スタイリング、走行性能などに、より磨きをかけるとともに、最先端の情報技術などお客様の利便性を更に向上させる装備を採用した。
セレナ-クラストップレベルの広い室内、視界の良さ、シートアレンジの便利さや使いやすさなどにより、お客さまから高い評価を得ており、2007年累計(1~11月)ミニバン販売台数で1位を獲得した。
プレサージュ-「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフトする。ダイヤモンドのブリリアントカットを思わせる大胆で輝きのあるデザイン, 美しい動作と乗る人へのもてなしを実現するスマートな機能, 長距離ドライブにも挑戦したくなるゆとりの走り
ラフェスタ-「SHIFT_ easy driving」 ラフェスタはミニバンの運転のしやすさをシフトする。クラス最小の回転半径と視界の良さからくる運転のしやすさ, ストレスフリーな走りとエコノミーを両立した2Lエンジン+エクストロニックCVT, 同乗者の心をも楽しませるパノラミックルーフと大きなウインドウ
ラフェスタハイウェイスター-

コンパクトカー/スモールカー

ティーダ-2004年の発売以来、従来のコンパクトカーを超えた高級なインテリア、広い室内、低燃費と低排出ガスレベルにより、お客さまから高い評価を得ている。
ノート-「SHIFT_ footwork」 ノートはコンパクトカーのフットワークをシフトする。「ノート」は、2005年1月の発売以来、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」がもたらす加速の良さと静かで快適な走り、ゆとりある居住空間、2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジなどが、お客様から高い評価を受けている。
キューブ-先代モデルが築いたリラックス感あふれる世界観をベースとし、ピースフルで、ぬくもりを感じる"走る自分スタイル空間"をコンセプトに開発してきた。
マーチ-

セダン

シーマ-
スカイライン-
フーガ-
ティアナ-新型「ティアナ」は、「モダンなデザイン」、「乗るたびに実感する快適な乗り心地」、「乗る人すべてに配慮した装備」により、色褪せない価値を提供するクルマを目指し開発された上質でモダンなセダンである。
ブルーバードシルフィ-
ラティオ-

ステーションワゴン

ウイングロード-

スポーツカー

GT-R-
フェアレディZ-新型「フェアレディZ」は、初代からの"Z-ness(Zらしさ)"である「ハイパフォーマンス」「デザイン」「ハイバリュー」を盛り込みながら、新しいパフォーマンス、新しいデザインが生む"Newness"により、パフォーマンスや質感を飛躍的に進化させた。

軽自動車

オッティ-
キックス-商品コンセプトを『Small but reliable partner』とし、あらゆるシーンでドライビングの楽しさを満喫でき、人生のフィールドをアクティブに広げる人たちが、快適で便利に使えるクルマを目指した。
モコ-
ピノ-最大の特長は、「低価格・低燃費」という軽自動車に求められる要件をベースに、優しさが感じられるシンプルでカジュアルなデザインを実現したことである。また、乗降性の良さやクラストップレベルの最小回転半径などによる運転のしやすさ、ほぼフラットになる荷室など、毎日便利に使える装備を採用している。
クリッパーリオ-「パパと家族の、日常(ビジネス)から週末の楽しみまで、可能性を広げてくれる軽ワンボックス」をコンセプトとしている。
ルークス-軽自動車の常識を覆す広い室内空間と、存在感のある洗練されたデザインである。特にハイウェイスターは、セレナ、エルグランドなど日産ミニバンのハイウェイスターシリーズの特徴を継承し、品質感、押し出し感のあるデザインとした。