自動車保険とエクストレイルの保険料

自動車保険とは事故によって発生する損害賠償という事態を想定し、被害者救済を滞りなく行う(=加害者の金銭的リスクを担保する)ために生まれたものです。
もし交通事故を起こして他人の生命や財産に損害を与えてしまった場合加害者はそれを賠償しなければなりません。

自動車保険が自由化されて以降、保険各社が独自に商品開発を行っており特約も含めて積極的にPRを行っています。

ネットの情報なども含めてエクストレイルの自動車保険に関する情報があふれており、保険選びが難しくなったり、また様々な商品がセットになって販売されていたりすると一般のドライバーには更にわかりにくくなてしまっているようです。

全てのリスクをカバーしてもらえるならそれに越したことはありませんが、その分保険料は高くなってしまいます。
保険料の無駄を省きたいと考えるなら、今一度「自動車保険」とは何のためにあるのか考え直してみるべきかもしれません。

任意保険と自賠責保険

自動車保険には任意保険と自賠責保険があります。自賠責保険は保険料が決まっていますのでここでは任意保険を取り上げます。

以前は任意保険と言えばエクストレイルを購入する際に日産ディーラーなど代理店を通して加入し、年齢や事故暦など大まかな分類で保険料が決まっていましたが1998年の自由化以後は「リスク細分型」と呼ばれる自動車保険が主流となってきています。

リスク細分型

リスク細分型の自動車保険では年齢や事故暦だけでなく、使用する地域や車種(タイプ)、年間走行距離ほか細かな使用状況に応じてリスク計算した保険料が設定されているので、人によっては年間の保険料が数万円違ってくる場合もあります。特に高価な自動車に車両保険を掛ける場合などは、保険料がかなりの額になりますので、選ぶ保険によって違いも大きくなるでしょう。

ただし、人によってはリスク細分型の方が高くなるケースもありますので、複数の保険会社から見積を取得することと、必要な補償とそうでないものをしっかり見極めて、無駄な出費を抑えることが重要でしょう。

自動車保険に関連するページ