トヨタの新車値引きと中古車価格

新車価格と値引きの限界

トヨタの車購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

中古車の購入価格と値引きの交渉

トヨタの中古車の相場を知ることは大変重要です。相場観を持たずに中古車を選ぶのは難しいでしょう。

オークションなど市場での人気度やグレードなどで価格に差がある場合もありますし、実際には数件程度のお店で数台の車両を見ただけではわかりにくいので、全国的に多くの車両を比較できる中古車検索サイトの利用をおすすめします。

ミニバン

プリウスα-
アイシス-Open, Be wide!アイシスで大きな開放感を楽しめるのは、パノラマオープンドアがあるから。助手席のドアがセンターピラーごと開き、リヤドアも同時に開くと、大開口の乗降スペースが出現。大きな手荷物を抱えたまま。二人並んだまま。そんな、今までできなかったクルマへの乗り降りも可能に。そのドアの先には、きっと新しい自由な世界が広がっている。
アルファード-「威風堂々、ミニバンの頂点」をテーマに、その商品力を全てにおいて格段に進化させ、アルファードは「上品」「洗練」させた。
ヴェルファイア-フロントは、二段積みのヘッドランプや横基調のグリルが個性を演出し、サイドへの流れを強調したフロントマスクが先進性を表現。
ヴォクシー-2代目となる新型車は、快適性・使いやすさにこだわったゆとりの室内空間、快適な走りなど、初代の高い基本性能を深化させたうえで、ヴォクシーはクールさを際立たせている。
エスティマ-躍動感あふれるライン。折り重なりあう優美な曲面。それぞれが絶妙に調和し合い、描き出されたワンモーションフォルム。そしてその内に流れるのは、喩えようのない優雅な薫りと満ちたりた時間。最上のおもてなしへ、エスティマはいざないます。
WISH(ウィッシュ)-2代目となる新型車は『“Smart Multi Player(スマート マルチ プレイヤー)”WISH(ウィッシュ)』をテーマに、スポーティ感と快適性に一層磨きをかけ、走行・環境・安全性能全てを格段に進化させることで、あらゆるシーンで活躍し、お客様の多様な願い(WISH)を叶えるクルマを目指して開発した。
シエンタ-やさしい曲線で描かれる、すっきりとしたスタイル。その中には、たくさんのかしこい機能がつまっています。多様な要望に、多彩に応えるシエンタと一緒なら毎日がもっと快適に楽しくなる。
ノア-「ワンタッチスペースアップシート」や「チャイルドケアモード付のロングスライドマルチ回転シート」など乗る人すべてが使いやすく、高い機能性をもつ装備を採用している。
パッソ セッテ-新型車は、「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をテーマに、扱いやすいサイズのボディに、“5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間”と“女性にうれしい快適・運転サポート装備”を凝縮し、主要なお客様と想定している「子育て女性」の行動範囲を広げ、活き活きとしたライフスタイルを実現するクルマとした。
イプサム-

コンパクトカー/スモールカー

iQ-従来のサイズの概念を打破することを目指し「超小型ボディに、卓越した性能を凝縮し高い質感を備えた“マイクロプレミアム”カー」である。
ヴィッツ-自分の思い通りにクルマを運転する爽快感。マニュアルシフトにしますか。それともレーサー気分でパドルシフトで操りますか。ドライビングにワクワクする気持ちにさらに応えたい。そう、ヴィッツ。
ist(イスト)-軽快さや取り回しの良さに加え、2BOXとSUVを融合させた斬新なデザイン、新搭載の1.8Lエンジンなどにより、力強さや躍動感も兼ね備えることで、新しい価値を提示する、クロスオーバースタイルのコンパクトカーである。
パッソ-2代目となる新型パッソは、2004年6月発売の初代パッソで好評を博した、扱いやすいコンパクトなボディとゆとりの室内空間、クラストップレベルの燃費・環境性能といった魅力に磨きをかけ、一層進化させるとともに、商品企画の段階から女性スタッフを中心に女性目線でのクルマ造りに取り組み、こだわりのデザインや使い勝手の良さを追求したコンパクト2BOXである。
ベルタ-ベルタは、イタリア語で「美しい」という名前のセダンです。さまざまな世代の方に運転を楽しんでいただけるコンパクトサイズとその中に広がる伸びやかな室内空間を両立。そして、その名前にふさわしい上質な美しさを求めて、内外装のデザインにしっかりと磨きをかけました。みんなにやさしいトヨタ最小セダン、ベルタのクオリティを、あなたの毎日に。
ポルテ-新しい生活のドアを開けよう。ポルテに乗ると、いままでの何気ない日常風景が、ちょっと素敵に変化します。助手席側の大開口ワイヤレス電動スライドドアと低床&フラットフロア(2WD)により、人の乗り降りはもちろん、狭いところでの荷物の出し入れも、スマートに行えます。

セダン

アベンシスセダン-
アリオン-外観は、上質感と存在感を追求し、室内は、質感を高めるとともに、室内長・室内幅を大幅に拡大している。さらに、より快適に使っていただくため、スマートエントリー&スタートシステム、カラーバックモニター、最新のテレマティクスサービス「G-BOOK mX」に対応したHDDナビゲーションシステムなど、画期的な先進装備も採用。
カムリ-
カローラ-
カローラアクシオ-
クラウンアスリート-
クラウンマジェスタ-5代目となる新型クラウンマジェスタは、国内での使用環境を踏まえた全長5m未満のボディサイズに、「高い質感の室内空間」と「充実の基本性能」を有し、乗る人すべてへの「快適性」を追求。“TOYOTAブランドの最高級セダン”に相応しいクルマとして開発した。
クラウンロイヤル-13代目の新型クラウンは、「安心」、「信頼」といったクラウン伝統の資質を受け継ぎながら、先進の技術を積極的に取り入れ、世界基準の性能を確保しつつ、日本人の感性と調和する魅力を備えた高級セダンを目指して開発した。
プレミオ-2代目となる新型車は、その商品力を全てにおいて一層深化させ、「5ナンバーセダンの完成形」を目指して開発した。
マークX-2代目となる新型マークXは、初代からの開発思想であるスポーティさと上質さをさらに熟成させ、本格FRセダンとしての資質を一層高めている。

ハイブリッドカー

アクア-
エスティマハイブリッド-
クラウンハイブリッド-4.5L車クラスの動力性能と2.0L車クラスの低燃費を両立するFR専用2段変速式リダクション機構付のハイブリッドシステムを搭載し、環境に配慮しながら、パワフルで滑らかな加速感を提供
ハリアーハイブリッド-
プリウス-「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」のより高いレベルでの両立を目指し、システム全体の90%以上を新開発したハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHS II」を搭載。また、世界トップレベルの空力性能など車両全体でのエネルギー効率向上との相乗効果により、世界トップとなる燃費性能38.0km/Lと2.4L車並の動力性能を実現している。
SAI(サイ)-SAIは、その名の由来である「才」と「彩」をコンセプトとして開発、「才に満ちた先進性」と「彩を放つ上質感」を兼ね備えた、ハイブリッド専用セダンである。

トールワゴン

ハイエース-日本に、未来に、ビッグドリーム。伝統と革新を大切にしながら、歩んできた実績。スペース、走り、機能、安全、そして環境。細部にまで徹底したこだわりを貫き、機能美をさらに極めたNEWハイエース。日本の大きな未来が、ここから始まる。

ステーションワゴン

アベンシスワゴン-
カローラフィールダー-
マークXジオ-上質で高級感のあるスタイルの中に、「4+Free(フォー・プラス・フリー)」というコンセプトのもと、大人4人がゆったりとくつろげる「独立4座」と、使用シーンに応じて自在に変化させることができる「自由空間」を備えた新しい室内を創造。

SUV・クロカン

ヴァンガード-V6 3.5Lエンジンや、S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御などの採用により、ゆとりの動力性能と優れた操縦性・走行安定性を実現するとともに、クラストップレベルの環境性能と安全性能を実現している。
ハイラックスサーフ-
ハリアー-
ランドクルーザー-新型ランドクルーザーは、「The King of 4WD」をテーマに、プラットフォームやサスペンションの一新、V8・4.7L VVT-iエンジンの搭載、走行性能を高める新技術の導入などにより、伝統の耐久性・信頼性・悪路走破性など、高い基本性能を一層進化させている。
ランドクルーザープラド-過酷な使用条件下における卓越した走破性・信頼性などの高い基本性能を引き継ぎながら、世界170以上の国・地域でご愛顧いただいているプラドの魅力であるオフロード・オンロードでの快適な走行性能を進化させたうえ、ユーティリティを徹底的に追求し、「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」を備えたクルマとして開発した。
RAV4-世界は、思っているよりも、簡単に変えることができる。RAV4との遭遇が、鮮やかな日々の訪れを告げる。爽快なフィーリングが、見慣れた街並さえも、胸へとせまりくるシーンへと塗り替えていく。手にするのは、すべてのフィールドといくつもの可能性。その先には、あたらしい未来が待っている。
ラッシュ-

2BOX/ハッチバック

オーリス-いままでの経験や想像を超えたときに訪れる感情。それは、オーリスを目にした瞬間に限りなく近い。
カローラルミオン-親しみ・落ち着きを感じさせながら、独自の存在感を醸し出すシンプルな箱型のスタイリング、心地よい包まれ感とゆとりが感じられる広い室内、滑らかで快適な走りにより、乗る人誰もがくつろぎを感じながら、自分なりに使いこなすことができる、様々なライフスタイルに似合う新コンパクトカーである。
ブレイド-自分を知っている。本物を知っている。そんな大人のためのクルマとして。ブレイドは、取り回しのよいボディサイズと、上質感に満ちた室内空間を実現。ラグジュアリー派には、アクティブな存在感とプレミアムな世界観が魅力のブレイドGを。
bB-
ラウム-できるだけ多くの人に、やさしく。それが、ユニバーサルデザイン。ラウムが目指したのは、そんなクルマづくりです。
ラクティス-ちょっとそこまで、という時も。きょうは少し遠くまで、という日でも。