価格で重要なのは総支払額

新車の価格で重要なのは「総支払額」です。総支払額は車両本体価格のほかに納車費用などの様々な諸経費を加算したものです。
ランドクルーザーを安く買うためには総支払額で見積を取り、その総額を抑制すると結果として大きな値引きに繋がります。
車両本体価格を値引きしてもらうのは当然ですが、総支払額の中の様々な項目をチェックし抑制することが必要です。

ランドクルーザーの見積書をチェック

まずは「総支払額」で見積をとりましょう。ランドクルーザーの見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。 ローンでの購入を考えている場合はその利率を知ることも重要です。

見積をもらったら詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。
すると自ずと納得のできる目標(総支払額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引き要求の基礎になります。
それを頭に入れてオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、総支払額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。

見積を依頼するのが最初の重要な一歩となります。是非見積もり依頼をしてみましょう。

値引き交渉とは

実際にランドクルーザーの値引き交渉はディーラーの担当者と商談することになります。

トヨタディーラーに足を運ぶと大抵ディーラーの営業マンが声をかけてきます。
営業マンからすれば少しでも客の情報を仕入れて「何を求めているのか」「予算はどのくらいか」「車に詳しい人物か」などを知ることで、交渉を有利に進めたいからです。

交渉ごとの基本は「相手に与える情報は少なく、自分が得る情報は多く」です。ファーストコンタクトでは「こちらの買う気が本気であること」を相手に伝え、「相手の売り気がどの程度か」を聞き出すことが重要です。

値引き交渉の進め方

1度ディーラーを訪問して見積などをもらうと数日以内に営業担当者から「その後ご検討いただけましたか?」と様子伺いの電話がかかってくるでしょう。
その時に「前回よりも好条件を提示できそうです」という感じで再訪問を促してくるかもしれません。そこで2度目の商談に入るわけですが、本命車の商談は後に回すことが大事です。

競合車を利用した値引き交渉

本命のランドクルーザーの前にまずはライバル車のディーラーで商談を進めて値引き額など条件を詰めましょう。そうすればその条件を引き合いに出して本命車の値引き交渉を有利に進めることができます。
本命の車の商談の際に「ライバル車の○○はこんな条件なのですけれど」という具合に話を進めるわけです。出来れば手元にライバル車の見積を用意しておくと良いでしょう。

ライバル車の見積書を片手に商談をするのも手です。ディーラー側も客が他車と比較するのは承知していますので遠慮する必要はありません。

値引き額の限界

ランドクルーザーの新車を値引きしてもらうには自ずと限界があります。

値引き額の限界は概ね車両本体価格の10%~30%程度と言われています。もちろん車種や購入時期・担当セールスやディーラーの事情などによって違ってきます。

ランドクルーザーを1台販売して得られるディーラーのマージン以上の値引きをすればディーラーは赤字になりますので、マージンを超えた値引きを出来ないのは当然でしょう。

値引きと価格に関連するページ