中古車の査定って?

”査定”という言葉はよく耳にしますがプロは実際には何をするのでしょう?
車の周りを回って傷やヘコミをチェックし走行距離を確認して整備手帳に目を通して
その程度なら素人でも出来ます。

ではプロの査定士はどこを見ているかというと例えばキズやヘコミを見つけるだけでなく、傷やヘコミを修理した痕を見抜くわけです。これは素人に簡単に真似できるものではなく、まさにプロの腕の見せ所です。


買取店に車が持ち込むと買取の担当者(査定士)に事故暦や修復暦、板金塗装してるかどうか聞かれますが、客が本当のことを答えるとは限りません。持ち込んだ客は少しでも高く買ってもらいたいわけですから不利な情報を素直に話さないことも多いのです。

もちろん客からの申告を鵜呑みにして査定していたではプロの査定士とは言えません。キズを修理した痕を見つければその周辺も怪しいと疑ってじっくりチェックすることで、重大な修復痕を見抜くことにつながってきます。

買取査定に来た客は少しでも高く売りたいわけですし、お店側は査定価格を高くしすぎれば損が出てしまいますし、安くしすぎれば他店に行かれてしまいます。間違って極端に安く提示してしまえば店の評判が悪くなってしまうでしょう。

それだけに査定士も真剣です。
中古車を買取査定に出すのであれば、不利な情報を隠すよりも最初から正直に申告することで査定士との信頼関係を築き、「ギリギリまで高い査定額を提示してもこの車(=客)なら間違いない」と思ってもらえるようにしたほうが高く買い取ってもらえるかもしれません。

コメントは受け付けていません。