中古車査定の買取店タイプ別傾向-ディーラー系

新車販売店での下取りや中古車販売店での買取、あるいは買取専門店も含めてディーラー系(自動車メーカーの看板を上げているところ)の査定価格は他のタイプの店舗より低い査定価格になる傾向があります。

それは無理に高い価格を付けなくても商売が成り立つからです。

自動車メーカーの看板を掲げたディーラーは、消費者からするとそれだけで安心感があります。「○○社のディーラーだから間違いないだろう」という具合に。
人によっては車を買うなら中古車でもディーラーでしか買わないと決めているような人もいるようです。
それゆえ、最初からディーラーのセールスマンの言葉を鵜呑みにしていて査定額も言われるままに受け入れていたりします。

そのように他社と比較せずに決めてしまうような客層をメインとして商売をしているため、査定額を低目に提示してもやっていけるわけです。
もっとも、新車の値引き額を下取り価格の低さで賄っている部分もあり、また値引き交渉での駆け引き材料として下取価格を利用している事にも留意するべきでしょう。

中古車査定や買取相場に関する情報収集ならThe買取
中古車市場での相場や査定価格ほか下取りに関する情報や買取相場の調べ方など。
自動車を買い換える際にはそれまで乗っていた愛車を下取りに出す場合が多いと思いますが、下取り価格が適正がどうかに疑問を感じたことはありませんか?
新車を買う場合、ディーラーで下取りも含めた見積書を提示されることが多いと思いますが、商談の際に「値引きはこれが限界ですが、下取り価格を高く査定させてもらいます」なんて言われて思わず得した気分になっていませんか?

コメントは受け付けていません。