中古車査定の買取店タイプ別傾向-買取専門店

専門店の場合はそれ一本で商売しているだけあってデータもしっかり調査・分析している場合が多く、ディーラー系などに比べると査定価格は高いことが多いようです。
但し、不人気車種に関してはむしろ安く査定する傾向があります。

買取専門店は店頭や出張査定で中古車を買取、その車両をオートオークションに出品して売却するのが一般的です。
オークションでも売却額と買取額の差が店の利益ということになります。

例えば人気車種を100万円でユーザーから購入し、一週間後のオークションで110万円で売れれば100万円の資金が1週間で10%の利益を生んだことになりますが、同じようなモデルの不人気車種を80万円で購入したものの一週間後のオークションでは売れず、二週間後のオークションで90万円で売れたとすると80万円の資金が2週間で約12%の利益を生んだことになります。
人気車種に比べて資金効率が悪いのがわかると思います。
ですので限られた資金を使うなら査定額が高くなっても人気車種を仕入れて在庫の回転を良くしたほうが商売として効率が良いというわけです。

いずれにしても車を売却するのであれば一度は買取専門店の査定を受けてみたほうが良いでしょう。

買取査定と中古車価格の情報ならThe車com
車の買取相場を知っておくのは最低限必要なことです。
悪質業者に騙されないためにも、また交渉を有利に進めて少しでも高く買ってもらうためにも市場での買取相場を知っておくのは重要です。

コメントは受け付けていません。