査定価格

車を買い替えるなどの理由で現在所有している車を売却するときは、中古車市場での買取の方が正規ディーラーで下取りしてもらうよりも高く売れる場合があります。

それは下取りが新車と比べての価値を基準に見積価格を算出するのに対して、買取の場合は中古車市場での価値を元に査定価格が算出されるからです。

買取られた車は中古車として市場に出回るものが殆どですが、車の程度によっては部品取り車として利用される場合もあります。その場合も部品の1つ1つに価格が付くので程度の悪い車でも相応の価値を持っており買取査定の価格に反映されます。


中古車として販売される場合も車種や年式などによって人気度に差があります。人気車種なら買い手も多いため高額での販売が可能であり、それは査定価格にも反映されます。

買取の場合は新車と比較して価値ではなく、中古車市場での需要に応じた価値で評価してもらえるので下取価格と買取価格では大きな差が出る場合があります。

コメントは受け付けていません。