ルクラ下取り相場とモデルチェンジ

「ルクラの特徴とモデルチェンジの推移」

 スバルが販売する軽自動車「ルクラ」はダイハツからのOEM供給を受けた車です。ダイハツ「タントエグゼ」のOEM供給モデルである軽トールワゴンとして、2010年4月より発売が開始されています。広々とした室内は室内高1385mmを誇り、255mmのロングスライド機構と左右独立リクライニングが採用されたリアシートが更に快適な空間を演出してくれます。
また、運転席シートリフターやチルトステアリング、フロントシートベルト・ショルダーアジャスターが全車にて標準装備となっており、これはタントエグゼで一部メーカーオプションとなっているものです。更には前席周辺を始め、各所に豊富な収納スペースが完備されており、メインターゲットとされている女性ユーザーの取り込みに力を注いでいるのが見てとれます。

 キーレスアクセス&スタート、オートエアコン、電動格納式ドアミラー、ディスチャージヘッドランプなどをグレードごとに採用し、装備内容の充実さをはかっています。ノーマルモデルの「ルクラ」カスタムモデルの「ルクラカスタム」。それぞれ「タントエグゼ」と「タントエグゼカスタム」に相当するモデルとなっています。「ルクラカスタム」には大径フォグランプ内臓フロントバンパー、フロント鍍金グリル、ブラックインテリア、ブルーイルミネーション付きコンソールなどが採用されています。いずれのモデルも、ベースとなるタントエグゼと比較してエクステリア・インテリアに変更点はありません。

 発売開始同年の10月には一部改良により、NZ・AWD車のトランスミッションをCVTに置換したことで燃費性能が向上。これにより「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、NA・4WD車においてもエコカー減税対象車となりました。グレード体系の見直しにより「F」グレードが廃止。AWD車に「Lスペシャル」「Lリミテッド」がそれぞれ追加となっています。

 翌年7月の一部改良では、14インチアルミホイールやLEDハイマウントストラップ付きルーフスポイラー、サイドシルスポイラーといった装備に内装・シート表皮がブラックで配色された「Lブラックインテリアリミテッド」が「Lリミテッド」に代わり追加設定されています。更に「L」・「Lスペシャル」においてはフロントアームレストを標準装備としており、これによって全車標準装備化されたことになります。NAエンジンの改良により燃費性能が向上。NA車全グレードで自動車取得税・自動車重量税の減税額を75%まで引き下げることに成功しています。

 2012年1月、初のマイナーチェンジを実施。NA車ではアイドリングストップシステムを搭載。併せてエンジンの改良やリアコンビストップランプ・ハイマウントストップランプのLED化により燃費性能を高めています。操舵安定性、乗り心地の向上にはフロントスタビライザーの追加によりそれを実現。「Lブラックインテリアリミテッド」には、カスタム系と同様にコンソールのイルミネーション部分に透過メッキ加飾が施され、8スポーク14インチアルミホイールが装備となりました。尚、「L」グレードにおいても8スポーク14インチアルミホイールが採用されています。この「Lブラックインテリア」ですが、2012年5月の一部改良をもって廃止となっています。

ルクラのモデルチェンジ予想

2012年11月頃に一部改良が施される模様。

ルクラの下取り相場

 現行モデルのルクラですが、買い取り相場価格の平均は73万円~88万円。下記は主なグレード別の査定価格となっています。
 「L」57万円~65万円、
 「Lスペシャル」58万円~66万円、
 「Lリミテッド」58万円~62万円です。
 いずれも2WD仕様のものです。4WD仕様での買い取り相場は
 「L」52万円~62万円、
 「Lスペシャル」51万円~58万円、
 「Lリミテッド」55万円~59万円となっています。
尚、「Lリミテッド」に関しては2010年~2011年、それ以外は2010年~2012年式の価格になります。
 

ルクラの関連ページ

ルクラの新車価格と値引き額
ルクラの買取相場と下取査定
新車の値引き目標額一覧
新型車とモデルチェンジの予想

ルクラ関連の他サイト

ルクラ値引き情報とモデルの概要

コメントは受け付けていません。