レヴォーグを発注したぞ!値引きは約28万円

前回の試乗後、1.6Lか2.0Lか迷うこと約一週間。

で、決めました。2.0GT-Sにしました。

決め手は2.0の方がスポーティに遊べる車である点です。

1.6はアイドリングストップが付いていたり何かと実用性の高い仕上がりであるのに対し、2.0はアイドリングストップなし、ハイオク仕様でスポーツリニアトロニック採用など運転が楽しそうであることで決めました。

丁度私が東京出張中であったこともあり、メールで担当者に連絡。
「2.0に決めたけれど予算オーバーするので○○万円くらいになるように値引きを頑張ってもらって、オプションの組み合わせを考えて欲しい」
と連絡。
「値段に納得すれば購入決めます」と添えておきました。

そして台風襲来直前の日曜日にいざディーラーへ、交渉の開始です。

前回訪問時は1.6で5万円2.0なら8万円の車両本体からの値引きです。

そして今回最初に提示されたのは車両本体から10万円、オプションから18万円の値引きで合計28万円の値引き。

不要なオプションも削ってもらっており、私の希望に合うプランにかなり近づいていました。
オプションにはまだ不要なものも残っていたのですが、それを削るとセット割引が受けられなくなりかえって高く付くということで、細部の説明にもほぼ納得。

「じゃあ、最終オファー出してください。納得したら今日発注します。」

しばらく後に、オファーが出ました。
車両本体とオプションは変わりありませんが、下取り価格が4万円上乗せされました。

私の知識を総動員しても買取店でもこの価格は出ないだろうという価格だったので、下取り価格も納得し、商談成立しました。

レヴォーグ 2.0GT-S アイサイト クリスタルホワイトパール
車両本体価格 3596400円 値引き108000円
オプション合計 633204円 値引き180080円
値引き合計 約28万円

ですが、
オプションに関しては定価からの値引きであり、自動車用品店などで市販されているものも含まれることを考えると感覚的には10万円値引きくらいの印象。

一方、下取り車は既に10年以上経過し修復暦もある日産車であることを考えると3万円くらい高く下取りしてもらった印象です。

新車購入の場合、あまり必要のないオプションをたくさんつけることで大きな値引きをしてもらったりすることもあり、一つ一つの項目を見ただけでは他と比較できない部分があると思うのですが、今回相見積りも取らず交渉に手間をかけなかった割には、かなり良心的に私の希望をかなえてもらったと納得しています。

そうそう、前回の記事では納期は3ヶ月くらいと書きましたが、今回の話ではもう少し早くなりそうという事で、年内の納車になりそうです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。