スズキ:ジムニーのフォトレポート

前方
前方です。クロスアドベンチャー専用のフロントメッキグリルと、専用フロントメッキバンパーアンダーガーニッシュが装着されています。二箇所に施されたメッキアイテムのおかげか、前方から見た印象の迫力が大きいです。いかにもSUVという顔つきに感じられます。

斜め前方
斜め前方です。LEDリングイルミネーション付マルチリフレクターハロゲンフォグランプとカラードサイドアンダーミラーがついていますが、双方ともクロスアドベンチャーの特別装備品です。サイドアンダーミラーに関しては賛否のあるユーザーも多いようですが、夫は特に不満ではないようです。

側面(全体)
側面全体です。ジムニーは2ドア仕様なので後席へ乗り込むには前席を前に倒してから乗り込むことになります。分かってはいましたが、ここはやっぱり面倒くさい部分ですね。特に雨天の時などには屋根の付いた駐車場でないと不便です。ちなみに給油口は運転席側についています。

側面(前半分)
側面(前半分)です。クロスアドベンチャーの特別装備として、メッキアウトサイドドアハンドルが採用されています。軽自動車にしてはドアは全体的に重く、閉める際には結構思い切りが必要です。未だに半ドアになってきっちり閉まらなかったりします。

側面(後ろ半分)
側面(後ろ半分)です。少し見えづらいですが、専用のアルミホイール(高輝度ダークリルバー)が装着されています。クォーターのガラス部分もスモーク仕様になっています。ボディカラーはブルーイッシュブラックパール。ツヤがあり、軽SUVと思えない高貴な雰囲気のある綺麗なボディカラーです。

斜め後方
斜め後方です。アルミ製のスペアタイヤハウジングが可愛らしくも感じます。バックドアはスモークガラスとなっており、これはクロスアドベンチャーの特別仕様です。ジムニーを大きいと思ったことはなかったのですが、近づいてみると後ろからでも結構大きく感じますね。

後方
後方です。「X-Adventure」のエンブレム付きの専用アルミ製スペアタイヤハウジングが装着されています。テールランプは社外製のLEDタイプのものに変更しています。そのままタイヤがついているよりもカバーがあるとゴツゴツとした印象がスッキリするように感じます。

運転席周り全体
運転席周りを含めた全体です。シートのデザインは赤いラインが特徴的な専用品となっており、シートヒーター機能も備えています。フロントシート表皮にはカブロンソフトが採用されており、水を弾いて匂いなどを寄せ付けにくい仕様になっています。後部座席から撮影しましたが、こうして見るとあまり狭苦しく見えないですね。今では慣れもあってか狭さも感じなくなりました。

インパネ部
インパネ部です。ハンドルには「D.A.D」のハンドルカバーが装着されています。N BOXカスタムにもつけていたものですが、夫曰くジムニーのハンドルはやや出っ張った部分がありそこへの馴染みがイマイチらしいです。メーターは非常にシンプルで可もなく不可もなくといったデザインになっています。

センターコンソール部
センターコンソール部です。オーディオにはcarrozzeriaのAM/FMラジオ付CD/USBプレーヤーが装着されています。全体的に黒で統一されていて綺麗にまとまっています。不満を言えば、ジムニーは全車オートエアコンが装備されないのですが、なぜなのでしょうか・・・。

足元
足元です。フロアカーペットが特別装備品としてついています。黒をベースに赤いラインでふちどりされたデザインで、シートとのコラボレーションデザインであることが見て取れます。特別広くはありませんが狭くもないです。ターボ仕様車なので浅い踏み込みでもよく走ります。

斜め後方(リアハッチ開口)
後方(リアハッチ開口)です。ラゲッジスペースは言うまでもなくほとんどないのですが、全く荷物がつめないわけでもありません。普段の買い物などには十分対応可能でしょう。荷室床を外すとラゲッジアンダーボックスも備えられています。

後方(リアハッチ開口)
斜め後方(リアハッチ開口)です。リアハッチは直角に大きく開き、荷物の積み下ろしも簡単です。スペアタイアのおかげもあってか、ドアの開け閉めにはそれなりの重量感があります。ラゲッジスペースには両側にちょっとした収納ポケットも備えられています。

シートアレンジ
シートアレンジした状態で、リアハッチを開けて後方から撮影しています。後部座席を前へ完全に倒した状態になります。荷物をたくさん積みたい時にはこの形になるでしょう。片方だけ倒せば3人乗りの状態でも荷室スペースを作ることが可能です。ラゲッジルームと後部座席を倒した部分に少し段ができるので、寝るのは難しそうです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。