プリウスPHVとG’s(東京モーターショー2011)

ついにプリウス・プラグインハイブリッドが一般向けに販売される。
これまでも一部法人向けに販売されてきたが1月30日から一般向けにも販売されることになった。

外観は標準タイプのプリウスと変わりないのだが最大の特徴は搭載するバッテリーの量。
標準プリウスの2倍に及ぶ電池を搭載している。

新開発のリチウムイオンバッテリーによりEVでの走行可能距離が26.4kmと日常の買い物や送り迎えなどの用途であればガソリンを使わなくても走行できるほどになっている。

価格は量販グレードの「S」が320万円で経産省から購入補助金を45万円受けることが出来るため実質負担は275万円となる。

標準プリウスの「S」と比較すると43万円高く、この差額をガソリン代で取り返すのは難しそうだが果たしてどの程度普及するだろうか?

下は、東京モーターショーでのプリウスPHVとG’sの画像。

プリウスの新車価格と値引き額
新車の値引き目標額一覧

プリウスに関連する話題
トヨタ、プリウス中国生産再開へ
新しいプリウスが気色悪い

コメントは受け付けていません。