新車価格と値引きの限界

コンパクトカー購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

トヨタ

iQ-従来のサイズの概念を打破することを目指し「超小型ボディに、卓越した性能を凝縮し高い質感を備えた“マイクロプレミアム”カー」である。
ヴィッツ-自分の思い通りにクルマを運転する爽快感。マニュアルシフトにしますか。それともレーサー気分でパドルシフトで操りますか。ドライビングにワクワクする気持ちにさらに応えたい。そう、ヴィッツ。
ist(イスト)-軽快さや取り回しの良さに加え、2BOXとSUVを融合させた斬新なデザイン、新搭載の1.8Lエンジンなどにより、力強さや躍動感も兼ね備えることで、新しい価値を提示する、クロスオーバースタイルのコンパクトカーである。
パッソ-きっと誰かに自慢したくなる、パッソはまさにそんなクルマ。たとえば、どんな狭い道もスイスイ走る小さなボディ。けれどその走りは、見た目以上に、とってもパワフルで。さらに経済的な低燃費やコストだとか、気の利く収納や装備だとか。かわいいだけじゃないんだね。さすがはプチトヨタ。
ベルタ-
ポルテ-

日産

ティーダ-2004年の発売以来、従来のコンパクトカーを超えた高級なインテリア、広い室内、低燃費と低排出ガスレベルにより、お客さまから高い評価を得ている。
ノート-「SHIFT_ footwork」 ノートはコンパクトカーのフットワークをシフトする。「ノート」は、2005年1月の発売以来、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」がもたらす加速の良さと静かで快適な走り、ゆとりある居住空間、2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジなどが、お客様から高い評価を受けている。
キューブ-先代モデルが築いたリラックス感あふれる世界観をベースとし、ピースフルで、ぬくもりを感じる"走る自分スタイル空間"をコンセプトに開発してきた。
マーチ-

ホンダ

フィット-2代目となるフィットは、HondaのMM思想※1を受継ぎ、理想のスモールカーを目指し開発。激戦のスモールセグメントにおいても、新たなベンチマークとして、お客さまのスモールカーに対する要望を、大きく超える価値を提供するために、パッケージング、ユーティリティ、ドライビングを、大きく進化させている
フィットアリア-

三菱

コルト
コルトプラス

マツダ

デミオ
ベリーサ

スバル

デックス(DEX)『スクエア ユーティリティ コンパクト』とし、このクラスに求められる日常での使い勝手の良さや個性を重視することで、「街乗りを中心に、クルマと一緒の日常生活をより楽しみたい」というライフスタイルの実現を目指した。

スズキ

スイフト
SX4優美で力強いヨーロピアンテイストの「デザイン」、ゆとりある室内高で乗り降りがしやすい快適な「室内空間」、しっかりしたボディーと足回りがもたらす楽しい「走り」を特長とした小型スポーツクロスオーバー車である。
シボレーMW
スプラッシュ高い走行性能で評価を得ているスイフトのプラットフォームを基に欧州で徹底した走りこみを行い、エンジン、車体、足回り、シートなどを開発。世界に通用するしっかりした走りと快適な乗り心地を目指した。さらに、充実した安全性能に加え、日本仕様には優れた燃費と力強く滑らかな走りを両立するCVT (自動無段変速機) を採用した。

ダイハツ

ブーン
ブーン ルミナス「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をテーマに、扱いやすいサイズのボディに、“5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間”と“女性にうれしい快適・運転サポート装備”を凝縮し、主要なお客様と想定している「子育て女性」の行動範囲を広げ、活き活きとしたライフスタイルを実現するクルマとした。
クー扱いやすさや優れた経済性が高く評価されているコンパクト2BOX市場において、多様化するお客様のニーズに応えるべく、カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンで自分らしさを表現できるクルマとして「ユニーク エモーショナル ワゴン」をコンセプトに開発。独創的で感性を刺激するエクステリアやインテリア、さらにコンパクトボディながら大人5人が快適に着座できる優れた居住性を確保し、マルチに使えるコンパクト2BOXワゴンとした。