新車価格と値引きの限界

ミニバン購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

トヨタ

アイシス-Open, Be wide!アイシスで大きな開放感を楽しめるのは、パノラマオープンドアがあるから。助手席のドアがセンターピラーごと開き、リヤドアも同時に開くと、大開口の乗降スペースが出現。大きな手荷物を抱えたまま。二人並んだまま。そんな、今までできなかったクルマへの乗り降りも可能に。そのドアの先には、きっと新しい自由な世界が広がっている。
アルファード-「威風堂々、ミニバンの頂点」をテーマに、その商品力を全てにおいて格段に進化させ、アルファードは「上品」「洗練」させた。
イプサム-
ヴェルファイア-フロントは、二段積みのヘッドランプや横基調のグリルが個性を演出し、サイドへの流れを強調したフロントマスクが先進性を表現。
ヴォクシー-2代目となる新型車は、快適性・使いやすさにこだわったゆとりの室内空間、快適な走りなど、初代の高い基本性能を深化させたうえで、ヴォクシーはクールさを際立たせている。
エスティマ-躍動感あふれるライン。折り重なりあう優美な曲面。それぞれが絶妙に調和し合い、描き出されたワンモーションフォルム。そしてその内に流れるのは、喩えようのない優雅な薫りと満ちたりた時間。最上のおもてなしへ、エスティマはいざないます。
WISH(ウィッシュ)-2代目となる新型車は『“Smart Multi Player(スマート マルチ プレイヤー)”WISH(ウィッシュ)』をテーマに、スポーティ感と快適性に一層磨きをかけ、走行・環境・安全性能全てを格段に進化させることで、あらゆるシーンで活躍し、お客様の多様な願い(WISH)を叶えるクルマを目指して開発した。
シエンタ-やさしい曲線で描かれる、すっきりとしたスタイル。その中には、たくさんのかしこい機能がつまっています。多様な要望に、多彩に応えるシエンタと一緒なら毎日がもっと快適に楽しくなる。
ノア-「ワンタッチスペースアップシート」や「チャイルドケアモード付のロングスライドマルチ回転シート」など乗る人すべてが使いやすく、高い機能性をもつ装備を採用している。
パッソ セッテ-新型車は、「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をテーマに、扱いやすいサイズのボディに、“5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間”と“女性にうれしい快適・運転サポート装備”を凝縮し、主要なお客様と想定している「子育て女性」の行動範囲を広げ、活き活きとしたライフスタイルを実現するクルマとした。

日産

エルグランド-『「夢」と「くつろぎ」と「感動」を提供できる最高級ミニバン』を商品コンセプトとし、お客様から高い評価をいただいているゆとりの室内空間、スタイリング、走行性能などに、より磨きをかけるとともに、最先端の情報技術などお客様の利便性を更に向上させる装備を採用した。
セレナ-クラストップレベルの広い室内、視界の良さ、シートアレンジの便利さや使いやすさなどにより、お客さまから高い評価を得ており、2007年累計(1~11月)ミニバン販売台数で1位を獲得した。
プレサージュ-「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフトする。ダイヤモンドのブリリアントカットを思わせる大胆で輝きのあるデザイン, 美しい動作と乗る人へのもてなしを実現するスマートな機能, 長距離ドライブにも挑戦したくなるゆとりの走り
ラフェスタ-「SHIFT_ easy driving」 ラフェスタはミニバンの運転のしやすさをシフトする。クラス最小の回転半径と視界の良さからくる運転のしやすさ, ストレスフリーな走りとエコノミーを両立した2Lエンジン+エクストロニックCVT, 同乗者の心をも楽しませるパノラミックルーフと大きなウインドウ

ホンダ

エリシオン-国内にミニバンというカテゴリーを創出したHondaは、常に空間のゆとりとドライビングプレジャーの両立に努め、新しい価値を提案してきました。そしていま、Hondaならではの先進技術を注ぎ込み、空間の価値、乗用車としての走りの価値、安全や環境といった社会的な価値を高次元で融合することで、8人の乗員それぞれが満足できる新たなミニバンへと躍進しました。
オデッセイ-乗る人のこころをときめかせる「感性クオリティ」をコンセプトに「人とクルマの一体感」「全席の爽快感」「独自の存在感」を高次元で融合。見て、乗って、走って、あらゆるシーンで、人のこころに響く気持ちよさを目指して開発された。
ステップワゴン-4代目となる新型「ステップワゴン」は、「みんなの楽」=“皆楽”をキーワードに、Honda独自の低床・低重心パッケージをベースとし、家族みんなが楽しく、楽に移動できるクルマを目指して開発した。
ステップワゴン スパーダ-
ストリーム-低く躍動感のあるスタイリングに加え、ハンドリングやアクセルワーク、乗り降り、シートアレンジの動作など、人がクルマと接する時の動きに対して心地良い一体感を感じられ、毎日の生活で積極的に使いたくなる7人乗り乗用車を目指して開発された。
フリード-“フリーライフ・クリエイション”をコンセプトにHonda独自の低床・低重心技術を採用し、街中で取り回しの良いコンパクトなボディサイズながら、大人が3列すべてで快適に座れるゆとりの室内空間を実現。乗る人すべてが快適で使いやすく、日常から休日の様々なシーンで、ライフスタイルに合わせて自在に使いこなせる新しい価値を持つミニバンを目指し開発した。
エディックス-

三菱

グランディス

マツダ

MPV
ビアンテ「見て、乗って、夢が拡がるZoom-Zoom Tall(ズームズームトール)」をコンセプトに開発され、広くて扱いやすく、クリーンな室内空間、躍動感のある個性的なスタイリング、乗員に安心感(=楽しさ)を与える優れた走行性能を特長とする国内専用の商品である。
プレマシー

スバル

エクシーガ乗る人すべてが、会話や景色、ツーリングすることの楽しさを共有でき、安心してくつろげる快適な移動空間を持つ多人数乗り車である。スバルがこれまで培ってきたワゴン造りのノウハウを活かし、7人までしっかり乗れる高い居住性と開放感あふれる室内空間を実現。

スズキ

ランディ広い室内と大きな荷室を持つ、ミニバンタイプの小型乗用車である。大開口の両側スライドドアと、階段状の低いステップやフロアの採用により乗降性の向上を図ったほか、多彩なシートアレンジと合わせて使い勝手の良さを追求している。