新車価格と値引きの限界

セダン購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

トヨタ

SAI(サイ)-ハイブリッド型セダン。
アベンシスセダン-
アリオン-外観は、上質感と存在感を追求し、室内は、質感を高めるとともに、室内長・室内幅を大幅に拡大している。さらに、より快適に使っていただくため、スマートエントリー&スタートシステム、カラーバックモニター、最新のテレマティクスサービス「G-BOOK mX」に対応したHDDナビゲーションシステムなど、画期的な先進装備も採用。
カムリ-
カローラ-
カローラアクシオ-
クラウンアスリート-
クラウンマジェスタ-5代目となる新型クラウンマジェスタは、国内での使用環境を踏まえた全長5m未満のボディサイズに、「高い質感の室内空間」と「充実の基本性能」を有し、乗る人すべてへの「快適性」を追求。“TOYOTAブランドの最高級セダン”に相応しいクルマとして開発した。
クラウンロイヤル-13代目の新型クラウンは、「安心」、「信頼」といったクラウン伝統の資質を受け継ぎながら、先進の技術を積極的に取り入れ、世界基準の性能を確保しつつ、日本人の感性と調和する魅力を備えた高級セダンを目指して開発した。
プレミオ-2代目となる新型車は、その商品力を全てにおいて一層深化させ、「5ナンバーセダンの完成形」を目指して開発した。
マークX-2代目となる新型マークXは、初代からの開発思想であるスポーティさと上質さをさらに熟成させ、本格FRセダンとしての資質を一層高めている。

日産

シーマ-
スカイライン-
フーガ-
ティアナ-新型「ティアナ」は、「モダンなデザイン」、「乗るたびに実感する快適な乗り心地」、「乗る人すべてに配慮した装備」により、色褪せない価値を提供するクルマを目指し開発された上質でモダンなセダンである。
ブルーバードシルフィ-
ラティオ-

ホンダ

アコード-1976年の初代誕生以来、一貫して「人とクルマの調和」をコンセプトにHondaならではの技術と発想でクルマの本質を見つめ、世界中の人々にクルマの新しい価値を提供してきた。
アコードユーロR-
インスパイア-上級セダンとしてのスポーティな走りと上質さをいっそう高め、「走る・曲がる・止まる」といったセダンのもつ基本性能を大幅に進化させた。また、デザイン、空間、走り、機能のすべてにおいて、「ダイナミズム」と「インテリジェンス」の両立を目指して開発された。
シビック-
シビックハイブリッド-
レジェンド-

三菱

ギャランフォルティス「安全」「環境」「快適」性能を高い次元でバランスさせた "グローバル基準のスポーティセダン" を商品コンセプトとした。さらに、走り・乗り心地を追求することで、三菱自動車ならではの乗り味や走りの質感を備えること、デザイン面においても、セダンならではの精悍さや安定感を表現するとともに、一目見て「三菱自動車のセダン」と認識できることを狙いとし、以下の商品特長を備えた。
ランサー

マツダ

アクセラ“再びカスタマーの期待を超える”を開発コンセプトとして、従来から評価の高いスポーティな走りとスタイリングを継承し、さらに進化させています。加えて、質感が高く機能性に優れた室内空間、先進の環境・安全性能も実現しています。
アテンザ「Zoom-Zoomのさらなる進化」をテーマに開発。2002年5月に導入された初代モデルが確立した個性的かつ魅力的なスタイリング、卓越した運動性能を継承・進化させながら、環境・安全性能を大幅に向上させている。さらに「最高の高速ロングツアラー」を目指して、クラストップレベルの空力性能を実現し、高速走行時の安定性を向上させると共に、乗り心地や静粛性などの快適性を一層高めている。

スバル

レガシィB4B4では、従来のモチーフを踏襲したスポーティさを継承。アウトバックでは、力強くタフなイメージを強調しています。
インプレッサアネシス

スズキ

SX4セダン「SX4」の特長を活かしながら、セダンならではの流麗なデザインを実現しながらも、高い居住性と515Lの大容量トランクルームの採用により実用性を高め、長距離ドライブを気持ちよく楽しめる乗り心地の良さを追求した新型コンパクトセダンである。

ダイハツ

アルティスダイナミックなスタイルと快適な室内空間を両立させたパッケージ、操る歓びを体感できる車両運動性能、クラストップレベルの安全・環境性能、高級車にふさわしい快適性をもたらす先進装備を実現した。