新車価格と値引きの限界

SUVやRV購入の第一歩としてネットの見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
新車は中古車と違って品質に差はありませんので、買うなら出来るだけ安く買いたいと思うのが当然でしょう。買った後に後悔しない為にも、いきなりお店に行くよりまず見積もりを取って事前情報を仕入れておくと良いでしょう。

トヨタ

ヴァンガード-V6 3.5Lエンジンや、S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御などの採用により、ゆとりの動力性能と優れた操縦性・走行安定性を実現するとともに、クラストップレベルの環境性能と安全性能を実現している。
ハイラックスサーフ-
ハリアー-
ランドクルーザー-新型ランドクルーザーは、「The King of 4WD」をテーマに、プラットフォームやサスペンションの一新、V8・4.7L VVT-iエンジンの搭載、走行性能を高める新技術の導入などにより、伝統の耐久性・信頼性・悪路走破性など、高い基本性能を一層進化させている。
ランドクルーザープラド-過酷な使用条件下における卓越した走破性・信頼性などの高い基本性能を引き継ぎながら、世界170以上の国・地域でご愛顧いただいているプラドの魅力であるオフロード・オンロードでの快適な走行性能を進化させたうえ、ユーティリティを徹底的に追求し、「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」を備えたクルマとして開発した。
RAV4-
ラッシュ-

日産

エクストレイル-新型「エクストレイル」の最大の特徴は、最新の電子制御4WDシステム「オールモード4×4-i(ヨーモーメントコントロール)」による、全天候型の走破性能である。新たに「ヒルディセントコントロール」と「ヒルスタートアシスト」の機能も加えることで、ドライバーの運転をサポートし、安心を提供する。
スカイライン クロスオーバー-クーペとSUVの融合から生まれた、流麗で躍動感のあるデザインを特徴とし、3.7リッター「VQ37VHR」エンジンとマニュアルモード付7速オートマチックトランスミッションによる意のままに反応する気持ちのよい加速など、スカイラインとしての優れた運動性能をさらに洗練させながら、高級車にふさわしい、しなやかで上質な乗り心地も実現している。
ムラーノ-初代の持つムラーノらしさを継承しつつ、さらに進化させ、圧倒的な存在感のプレミアムSUVとして開発された。 存在感のあるデザイン、新型プラットフォーム(D-プラットフォーム)の採用によるスポーティでしっかりとした走り、さらに静かで快適な乗り心地、スイートルームのようなゆったりとした上質な空間、快適性を演出する様々な装備をあわせ持っている。
デュアリス-「スマート&コンパクトクルーザー」をコンセプトに、ヨーロッパの拠点を中心に開発した新しいミドルサイズクロスオーバーSUVである。

ホンダ

クロスロード-“アクティブ・ライフ・ナビゲーター”をコンセプトに、毎日の生活の様々な場面をより積極的に楽しみ、枠にはまらない新しい生活へと誘うクルマを目指し開発した。
CR-V-初代からセダンの快適性とクロスカントリーの機動性、ミニバンのユーティリティを融合させ、移動の可能性を広げるComfortable Runabout Vehicle(コンフォタブル ランナバウト ビークル)をコンセプトとしてきた。新型CR-Vは、これに加え、デザインと走行性能をさらに進化させ、あらゆる場所や場面で乗る人が気持ちの豊かさを実感できる、“次世代CR-V”をコンセプトとして開発された。

三菱

RVR新型『RVR』は、優れた低燃費性能を発揮するとともに、SUVならではの見晴らしの良いアイポイントによる運転のし易さと、軽量でコンパクトなボディによる取り回し易さを実現した。また、日常の生活からレジャーまで、幅広い用途に対応する十分なスペースユーティリティをあわせ持つ新時代のコンパクトSUVである。
アウトランダー
トライトン従来のピックアップにはないスタイリッシュでスポーティなエクステリアと、機能的且つ快適なインテリア、機能面では、信頼性と耐久性に優れたサスペンションやラダーフレーム式ボディ構造、そして、後席の居住性に配慮した大人5人がゆったりと乗れる室内空間と、自由なユーティリティスペースであるカーゴベッドを兼ね備えている。
パジェロ標高2,500mのヨーロッパ・アルプスや、氷点下40度の冬の北欧を模擬した適合性試験、そして、アフリカの砂漠やオーストラリアの荒地での悪路走破試験など、世界中の過酷な走行状況を想定した数々の試験を実施したほか、世界一過酷なラリーと言われるダカールラリーを通して得られた走破性、耐久性を高めるための技術やノウハウをフィードバック。

マツダ

CX-7

スバル

レガシィアウトバック『グランドツーリング イノベーション』をコンセプトとし、水平対向エンジンを中心とするシンメトリカルAWDなど独自の技術をベースに、初代より磨き続けてきた優れた走行性能や安全性などを進化させながら、さらに乗る人すべてが快適に過ごせる居住空間と優れた環境性能を実現しました。
フォレスター「パッケージング」、「走り」、「環境」という3つの要素を絶妙にバランスし凝縮。乗る人すべてが、生活の様々なシーンにおいて、“使いやすさと安心感、そして、快適で気持ちの良い走り”を実感することのできる、スバルが提案する新世代のクロスオーバーSUVである。

スズキ

エスクード
ジムニーシエラ

ダイハツ

ビーゴベストコンパクトSUVを目指し、「タフ&カジュアル スポーツ・ユーティリティ・ワゴン」をテーマに、SUVの「楽しさ・走破性」と、コンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「うれしさ・機能性」を高い次元で融合させた新ジャンルカーとして開発。ターゲットである「自分らしさを大切にする若年男女」の行動範囲を広げるクルマとした。