中古車の購入価格と値引きの交渉

中古車を購入する場合と新車を購入する場合で最も大きな違いは中古車の場合騙される可能性もあるということです。

新車の場合は殆どの場合ディーラーから購入します。ディーラーはそれぞれメーカーの代理店のような立場なので値引き額などの差はあっても騙されるようなことはまずありません。
もちろんメーターを改ざんされたり事故車を売りつけられることもありません。
また新車に万が一傷があれば目立ちますし、素人でもおかしいと気づくでしょう。

それに対して中古車の場合はある程度傷があるのは当たり前です。その傷が欠陥に由来するのかあって当然の傷なのか素人目に判断するのは難しいでしょう。

また中古車は多くの場合中古車販売店で購入しますが、中古車販売店はメーカー系列の大規模販売店やチェーン店もあれば、個人経営の小さなお店まで多岐にわたります。
その中には残念ながら悪質な業者も存在するのが現実です。

従って中古車購入で騙されないようにするには欠陥車を見抜く知識が必要になります。
しかし、一般の素人が俄かに勉強しても海千山千のツワモノ悪質業者を相手に渡り合うのは難しいでしょう。
ですので少しでも怪しい車両は避けましょう。
欠陥車を見抜くのではなく、欠陥車の可能性のあるものには近づかない。
これなら少しばかり中古車の勉強をしておけば実践できるはずです。

中古車の価格相場

中古車の相場を知ることは大変重要です。相場観を持たずに中古車を選ぶのは難しいでしょう。

車両によって一台一台状態や価格のことなる中古車ですが、それでもある程度の”相場”というのは存在します。

中古車市場での人気度やグレードなどで価格に差がある場合もありますし、実際には数件程度のお店で数台の車両を見ただけではわかりにくいので、全国的に多くの車両を比較できる中古車検索サイトの利用をおすすめします。

豊富な在庫情報の中から同じ車種の情報を何十台と比較できますしそれらを見ていけば凡その相場がわかるでしょう。

中古車の値引き交渉

中古車の値引き交渉は新車の場合と違って一発勝負です。

中古車の値引きを交渉するにあたっては、まず諸費用などを含めた総額の見積もりを出してもらい、そこから「少し値引きしてもらえませんか」「○○万円ほど安くなりませんか」と中古車販売店の担当者に相談するといいでしょう。
このときに注意したいのは、要求する値引き額があまりにも大きいと担当者も客の購入意思を疑うでしょうし、やる気を失ってしまうかもしれません。
総額の数パーセント程度、あるいは200~300万円の車両でも10万円程度の要求が無難かもしれません。
もちろん下取り車両があるかどうかによってもこの数字は変わってきますので、担当者と積極的に会話を進めながら感触を探るようにしましょう。

新車の場合は競合車種の見積もりと取ったり、販売店同士で競合させることで値引きを引き出すことも出来ますが、中古車の場合はこのようなテクニックもつかえませんので、値引き額に納得したならそれ以上執拗に要求をエスカレートさせることは慎むべきです。
あまりしつこく要求を上乗せしていくと販売店側も売る気をなくしてしまいますし、納車時の整備やクリーニングで手を抜かれることになりかねません。

同じ販売店で同種の車がある場合、例えば本命としての候補がフィットでヴィッツも店頭に並んでいるような場合は、両方の見積もりを頼んで値引きの交渉をしてみるといいでしょう。
そうすることによってそれぞれの車両に関してどの程度値引きの余地があるのか探ることが出来ます。

中古車販売店の種類

国産ディーラー

新車販売店の中古車部門といった位置づけで、全国ネットでの保証がついていたり、そのディーラーで新車の時から点検整備されてきた「素性の確かな」車両が在庫されている場合があるなど信頼面で期待できる。が、価格的には高めでまた自社ブランド中心の品揃えになっている場合が多い。

輸入車ディーラー

国産ディーラー同様に全国ネットの保証を受けられる場合が多く、品質や信頼性への期待が出来る。また同様に価格は高めで自社ブランド中心に販売していて、充実した整備と保証を謳う認定中古車制度を展開している場合が多い。

中古車専門店

複数のメーカーの中古車を揃えているので、同じ販売店でライバル車両同士を比較できる。価格もディーラーより安い場合が多く大規模展示場を備えて何百台と在庫している店もあれば、小規模な店舗でスポーツカー・ミニバン・RVなど特定のタイプの車両に特化して販売している専門店もある。
保証内容や信頼性は千差万別なので、出来ればそのお店で購入経験のある人から話を聞いたり紹介を受けて購入する方が良いといえる。

車種ごとの中古車情報

ヴィッツ-自分の思い通りにクルマを運転する爽快感。マニュアルシフトにしますか。それともレーサー気分でパドルシフトで操りますか。ドライビングにワクワクする気持ちにさらに応えたい。そう、ヴィッツ。
ist(イスト)-軽快さや取り回しの良さに加え、2BOXとSUVを融合させた斬新なデザイン、新搭載の1.8Lエンジンなどにより、力強さや躍動感も兼ね備えることで、新しい価値を提示する、クロスオーバースタイルのコンパクトカーである。
パッソ-きっと誰かに自慢したくなる、パッソはまさにそんなクルマ。たとえば、どんな狭い道もスイスイ走る小さなボディ。けれどその走りは、見た目以上に、とってもパワフルで。さらに経済的な低燃費やコストだとか、気の利く収納や装備だとか。かわいいだけじゃないんだね。さすがはプチトヨタ。
ノート-「SHIFT_ footwork」 ノートはコンパクトカーのフットワークをシフトする。「ノート」は、2005年1月の発売以来、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」がもたらす加速の良さと静かで快適な走り、ゆとりある居住空間、2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジなどが、お客様から高い評価を受けている。
キューブ-先代モデルが築いたリラックス感あふれる世界観をベースとし、ピースフルで、ぬくもりを感じる”走る自分スタイル空間”をコンセプトに開発してきた。
コルト
パレット広さを感じさせるロングルーフと、高さを実現するハイルーフのスタイリングを採用したことで、大人4人がゆったりと過ごせる空間を実現。さらに、見晴らしの良い連続するガラスエリア、リビングのように心地良い上品なインテリア、静粛性を高める防音・防振技術などを盛り込み、開放感あふれる上質で静かな室内空間とした。
ワゴンR「快適 スタイリッシュ ワゴンR」を開発コンセプトに、経済性や使い勝手といった軽自動車に求められる基本性能や、室内の快適性や乗降性を向上させながら、より多くの人に愛されるスタイリッシュなデザインを採用した。
ミラ7代目となる「ミラ」は、プラットフォームからエンジンまで全身一新。ミラの DNAである「小粋なスタイル&スペースユーティリティ」を継承しながら、スモールカーバリュー、クオリティの面で、クラスを超えた新次元への進化を目指して開発。
ムーヴプラットフォームからエンジンまで全身一新し、クラスを超えた新しい次元への進化を目指して開発。「わたしのかろやかオールマイティ」をコンセプトとした『ムーヴ』と、「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトとした『ムーヴカスタム』の異なった個性の2タイプを設定した。
ランドクルーザー-新型ランドクルーザーは、「The King of 4WD」をテーマに、プラットフォームやサスペンションの一新、V8・4.7L VVT-iエンジンの搭載、走行性能を高める新技術の導入などにより、伝統の耐久性・信頼性・悪路走破性など、高い基本性能を一層進化させている。
ムラーノ-初代の持つムラーノらしさを継承しつつ、さらに進化させ、圧倒的な存在感のプレミアムSUVとして開発された。 存在感のあるデザイン、新型プラットフォーム(D-プラットフォーム)の採用によるスポーティでしっかりとした走り、さらに静かで快適な乗り心地、スイートルームのようなゆったりとした上質な空間、快適性を演出する様々な装備をあわせ持っている。
デュアリス-「スマート&コンパクトクルーザー」をコンセプトに、ヨーロッパの拠点を中心に開発した新しいミドルサイズクロスオーバーSUVである。
アイシス-Open, Be wide!アイシスで大きな開放感を楽しめるのは、パノラマオープンドアがあるから。助手席のドアがセンターピラーごと開き、リヤドアも同時に開くと、大開口の乗降スペースが出現。大きな手荷物を抱えたまま。二人並んだまま。そんな、今までできなかったクルマへの乗り降りも可能に。そのドアの先には、きっと新しい自由な世界が広がっている。
ノア-「ワンタッチスペースアップシート」や「チャイルドケアモード付のロングスライドマルチ回転シート」など乗る人すべてが使いやすく、高い機能性をもつ装備を採用している。
セレナ-クラストップレベルの広い室内、視界の良さ、シートアレンジの便利さや使いやすさなどにより、お客さまから高い評価を得ており、2007年累計(1~11月)ミニバン販売台数で1位を獲得した。
プレサージュ-「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフトする。ダイヤモンドのブリリアントカットを思わせる大胆で輝きのあるデザイン, 美しい動作と乗る人へのもてなしを実現するスマートな機能, 長距離ドライブにも挑戦したくなるゆとりの走り
ストリーム-低く躍動感のあるスタイリングに加え、ハンドリングやアクセルワーク、乗り降り、シートアレンジの動作など、人がクルマと接する時の動きに対して心地良い一体感を感じられ、毎日の生活で積極的に使いたくなる7人乗り乗用車を目指して開発された。