中古車の買取査定と価格の相場

車の買取とは買取業者に現金で(あるいは振込みで)車を買い取ってもらうことで、下取りに比べて金額が明確になるのが特徴です。

車を購入する際に購入車両の金額と下取り車両の金額を相殺する場合がありますが、実際にいくら値引きされたのか査定は適切なのか判断しにくいのに比べて、車の買取の場合はそれらが明確になりやすいでしょう。

車買取の場合商談が成立した時点で車を引き渡す必要があり新しい車の納車まで困ることがありますが、最近では車の引渡しを納車まで待ってくれたり無料で代車を貸してもらえるような買取業者も増えており随分便利になってきています。

中古車査定

車の買い替えなどで今現在使用している車を手放す場合、中古車査定の専門店で見積もりを出してもらうのが、下取に出すよりも得をするケースが大半です。

買取の場合でもその査定額はいろいろな要素で変化します。大事に乗ってきた車であるなら、なおさら高く買取ってもらいたいものです。

査定額を有利な価格にするための方法として、いろいろ注意する点があります。もっとも重要な点の1つに市場の動向があります。
一般の素人が動向を把握するのは難しいですが、一般的には春先と秋口では売れる車種が変わってきます。こうした時期に合わせて、見積もりを取ることも重要です。同じ売るにしても春と秋で値段が違うのであれば、高値で売れる時期を選ぶべきです。

査定価格の市場動向を個人で調べるのは大変ですが、買取専門店のスタッフなどに相談してみるのも1つの方法です。専門店であれば人気や需要にも詳しいので助言してもらえるかもしれません。

車を高く売るために今から出来る2つのこと

査定価格と買取相場

車の買取相場を知っておくのは最低限必要なことです。悪質業者にだまされないためにも、およその相場を知っておくべきです。

ネットの一括見積もりサイトなどで依頼すれば簡単にわかりますので邪魔くさがらずに必ず調べておきましょう。

車を買取ってもらう場合、一番気になるのは買取価格です。買取価格が高い方が良いに決まっています。

売却すること自体は既に決めているのであれば、出来るだけ早く売ったほうが査定額が高くなります。時間が経つほど自動車の劣化が僅かとは言え進みますし、タイミングによっては年式がひとつ進んでしまうかもしれません。

中古車市場では年式が重要です。車種によって人気や需要のある時期もありますが、1年経てばそれだけで中古車としての価値は下がります。

中古車販売の専門店では新車として登録された日からの経過年月を評価しますので、早いほうが良いというわけです。

もちろん実際には1日や2日で査定額が大きく変わる可能性は低いのですが、中古車市場での評価は1ヶ月で大きく変わってしまうことも珍しくありません。

買取価格を調べる方法

車種ごとの買取情報

アルファード-「威風堂々、ミニバンの頂点」をテーマに、その商品力を全てにおいて格段に進化させ、アルファードは「上品」「洗練」させた。
エスティマ-躍動感あふれるライン。折り重なりあう優美な曲面。それぞれが絶妙に調和し合い、描き出されたワンモーションフォルム。そしてその内に流れるのは、喩えようのない優雅な薫りと満ちたりた時間。最上のおもてなしへ、エスティマはいざないます。
ヴォクシー-2代目となる新型車は、快適性・使いやすさにこだわったゆとりの室内空間、快適な走りなど、初代の高い基本性能を深化させたうえで、ヴォクシーはクールさを際立たせている。
レガシィツーリングワゴン新型レガシィでは、『グランドツーリング イノベーション』というコンセプトのもと、従来からの価値である「ドライバーズファン」の進化に加え、「パッセンジャーズファン」、「エコパフォーマンス」という新たな価値を実現する開発を行いました。
インプレッサ「新快適スタイル」 という商品コンセプトのもと、スバルのコア技術である水平対 向エンジンと新しいシャシーとの組み合わせによる気持ち良い 走りと高い安全性を基本に、合理的で無駄のない“5ドアパッ ケージ”を採用。「スタイリッシュと感じるデザイン」「使い やすさを感じるパッケージング」、そして「信頼と確かさを感 じる気持ち良い走り」の3つの価値を凝縮した、スバルのグロ ーバルスタンダードカーとしての提案である。
パジェロ標高2,500mのヨーロッパ・アルプスや、氷点下40度の冬の北欧を模擬した適合性試験、そして、アフリカの砂漠やオーストラリアの荒地での悪路走破試験など、世界中の過酷な走行状況を想定した数々の試験を実施したほか、世界一過酷なラリーと言われるダカールラリーを通して得られた走破性、耐久性を高めるための技術やノウハウをフィードバック。
エクストレイル-新型「エクストレイル」の最大の特徴は、最新の電子制御4WDシステム「オールモード4×4-i(ヨーモーメントコントロール)」による、全天候型の走破性能である。新たに「ヒルディセントコントロール」と「ヒルスタートアシスト」の機能も加えることで、ドライバーの運転をサポートし、安心を提供する。
ヴァンガード-V6 3.5Lエンジンや、S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御などの採用により、ゆとりの動力性能と優れた操縦性・走行安定性を実現するとともに、クラストップレベルの環境性能と安全性能を実現している。
ランドクルーザー-新型ランドクルーザーは、「The King of 4WD」をテーマに、プラットフォームやサスペンションの一新、V8・4.7L VVT-iエンジンの搭載、走行性能を高める新技術の導入などにより、伝統の耐久性・信頼性・悪路走破性など、高い基本性能を一層進化させている。
アリオン-外観は、上質感と存在感を追求し、室内は、質感を高めるとともに、室内長・室内幅を大幅に拡大している。さらに、より快適に使っていただくため、スマートエントリー&スタートシステム、カラーバックモニター、最新のテレマティクスサービス「G-BOOK mX」に対応したHDDナビゲーションシステムなど、画期的な先進装備も採用。
クラウンマジェスタ-5代目となる新型クラウンマジェスタは、国内での使用環境を踏まえた全長5m未満のボディサイズに、「高い質感の室内空間」と「充実の基本性能」を有し、乗る人すべてへの「快適性」を追求。“TOYOTAブランドの最高級セダン”に相応しいクルマとして開発した。
アコード-1976年の初代誕生以来、一貫して「人とクルマの調和」をコンセプトにHondaならではの技術と発想でクルマの本質を見つめ、世界中の人々にクルマの新しい価値を提供してきた。
アクセラ“再びカスタマーの期待を超える”を開発コンセプトとして、従来から評価の高いスポーティな走りとスタイリングを継承し、さらに進化させています。加えて、質感が高く機能性に優れた室内空間、先進の環境・安全性能も実現しています。
アテンザ「Zoom-Zoomのさらなる進化」をテーマに開発。2002年5月に導入された初代モデルが確立した個性的かつ魅力的なスタイリング、卓越した運動性能を継承・進化させながら、環境・安全性能を大幅に向上させている。さらに「最高の高速ロングツアラー」を目指して、クラストップレベルの空力性能を実現し、高速走行時の安定性を向上させると共に、乗り心地や静粛性などの快適性を一層高めている。
ヴィッツ-自分の思い通りにクルマを運転する爽快感。マニュアルシフトにしますか。それともレーサー気分でパドルシフトで操りますか。ドライビングにワクワクする気持ちにさらに応えたい。そう、ヴィッツ。
キューブ-先代モデルが築いたリラックス感あふれる世界観をベースとし、ピースフルで、ぬくもりを感じる”走る自分スタイル空間”をコンセプトに開発してきた。
フィット-2代目となるフィットは、HondaのMM思想※1を受継ぎ、理想のスモールカーを目指し開発。激戦のスモールセグメントにおいても、新たなベンチマークとして、お客さまのスモールカーに対する要望を、大きく超える価値を提供するために、パッケージング、ユーティリティ、ドライビングを、大きく進化させている