年式による中古車価格の違い

中古車は基本的に年式が低くなるほど安くなります。

高年式車と低年式車で何が違うかというと・・。

  • 走行距離
  • 年に2万キロ走る人もいれば、1000キロしか走らない人もいます。年式に比例するとは限りません。

  • キズや汚れ
  • これも乗り方次第ですので年式に比例するとは限りません。

つまり年式による価格の違いは必ずしも中古車の価値と一致するとは限らないわけです。
ですから整備状態が良く、走行距離も少ない低年式車は狙い目といえます。

マイナーチェンジと中古車価格

但しマイナーチェンジの時期には注意が必要です。同じ年に初年度登録された中古車でもマイナーチェンジの前と後で車両に大きな違いがある場合があります。

マイナーチェンジの場合、その「チェンジ」の内容は様々でエンジンや駆動系などの改善により大幅に燃費が向上しているような場合もあれば、装備品などを変えたりしたのが主たる違いで基本性能には大きな違いがないようなケースもあります。

目的の車種のマイナーチェンジ状況を調べておけば小さな違いであればマイナーチェンジ前の車両を狙った方が安く買えるでしょう。

フルモデルチェンジと中古車価格

新型が登場して型落ちになると中古車価格は値崩れします。

新型が発売されると旧型のオーナーによる新型への買い替えが始まります。すると旧型の中古車市場への流通量が増えます。

他の項でも述べたように中古車の価格は需要と供給のバランスで決まります。新型が発売されて旧型の市場への供給が増えればその車種全体の価格が下がっていくというわけです。

新型の発売からしばらくするとディーラーから新古車(未使用車)が中古車市場に供給されるようになりますので、旧型は更に価格が下がっていきます。

中古車の購入を考えているのならば、目的の車種のフルモデルチェンジの時期を調べてみましょう。フルモデルチェンジ前ならば購入を少し待ったほうが良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。