ボディカラーによる中古車価格の違い

中古車の中でも単価の高い高級セダンやミニバンだと「白や黒」とそれ以外の色(赤や青)では50万円程度の差がつくこともあります。

日本の街中で走っている車の色は圧倒的に白と黒が多く人気が集中していることが分かります。
特に高級セダンやミニバンでその傾向が強く、それは逆に人気のない色を選べば中古車を安く買えるということでもあります。

新車の場合は白でも赤でも価格に差はありません(パールホワイトなど特殊カラーは高くなりますが)。しかし中古車の価格は需要と供給のバランスで決まりますので、新車価格は同じでも人気のあるカラーと不人気カラーでは価格に大きな差がつく場合もあるのです。

もちろん全ての車種に当てはまるわけではありません。スポーツカーなどは赤や黄色も人気がありますし、あるいはコンパクトカーの場合は白だと営業車に見えるという理由で敬遠する人も多いようです。

何色が一番安くとは限りませんがボディーカラーの違いで価格に差が出るのだから、
どうしてもこの色が良いというこだわりがないのであれば、不人気な色を選ぶことで中古車を安く買えるかもしれません。

中古車の購入価格と値引きの交渉

中古車の相場を知ることは大変重要です。相場観を持たずに中古車を選ぶのは難しいでしょう。
オークションなど市場での人気度やグレードなどで価格に差がある場合もありますし、実際には数件程度のお店で数台の車両を見ただけではわかりにくいので、全国的に多くの車両を比較できる中古車検索サイトの利用をおすすめします。

コメントは受け付けていません。